綾瀬はるか、安住アナの「歴史上一番可愛くなっている」発言に大テレ

公開: 更新:

9月3日(土)21時より放送される『ものづくり日本の奇跡 日の丸テクノロジーがオリンピックを変えた 元気が出る60年物語』(TBS系列)の収録が、27日に同局で行われ、MCの安住紳一郎TBSアナウンサーと綾瀬はるか、ご意見番のビートたけしが感想を語った。

同番組は、2015年3月に「TBSテレビ60周年特別企画」として放送され好評を博した『ものづくり日本の奇跡』の続編。今回は、リオ五輪で金メダルを獲得したバドミントンの高橋礼華選手、松友美佐紀選手をゲストに迎え、「オリンピック」をテーマに、「選手たちの栄光」「誰もが一度は目にした衝撃・感動の名場面」といった軌跡を辿り、それらを支えた「日の丸テクノロジー」に光を当てながら、ものづくりに挑んだ人々の夢や情熱を描いていく。

高松ペアこと高橋選手、松友選手と対面したたけしは「可愛いよね。どっちがとは言わないけど(笑)」と含みを持たせて感想を。綾瀬は「スポーツをされているせいか、とても礼儀正しかったです。キチッとされていました」とその佇まいについて語った。安住アナが「テレビで見ていると、デンマークの選手と気迫充分に戦っていたので、もっと身長があるのかと思いました。綾瀬さんの方がバドミントン選手っぽかったですね」と語ると、綾瀬は「そうですね。私は肩幅もしっかりしているから」と同意。たけしが「2m3cmくらいあるもんね」と冗談を言うと、2人は大笑いした。

また、たけしは「選手の技術が上がるに従い、道具がそれに対応できるよう共に進化する。するとその道具を使いこなす選手が出てくる。そして道具が物足りなくなって、(人間と道具の)相乗効果でもっと進化して……。10年後、バドミントンの道具はどうなっているんだろう? ものすごいスピードになっている可能性がある」と、ものづくりの未来に思いを馳せる。一方の安住アナが「綾瀬さんが髪を切り、私の歴史上一番可愛くなっているのでお見逃しなく」とアピールすると、綾瀬は照れくさそうに苦笑していた。