人間界に死神が降臨 青山草太が命がけの調査!?『デスノートLNW』

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)。この度、日テレタワーの汐留パラダイス会場特設ステージでスペシャルイベントが行われ、松田桃太役の青山草太と、死神リューくんが登壇した。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができるノートを使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界一の探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。

それから10年後に舞台を移し、正統な続編として紡がれる本作では、死神が6冊のデスノートを地上にもたらし、世界中が大混乱に陥っていた。そんな中、亡き夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した“デスノートを追う男”三島創(東出昌大)を筆頭に、唯一10年前のキラ事件を経験した松田を含む5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に、<デスノート対策本部>を構えていた。さらに、ロシア、ウォール街、渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、Lの正統な後継者“デスノートを封じる男”竜崎(池松壮亮)も加わり事件解明に当たる。そして、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを入手。しかし、その現場には、キラ信奉者“デスノートを制する男”紫苑(菅田将暉)の姿が……。“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、今、デスノートを巡る三つ巴の戦いの火蓋が切って落とされる。

登壇した青山は「責任感とともに、嬉しさを感じました。(本作の)撮影時にはキャスト同士で、良い意味で前作を裏切っていかなきゃいけないねと話しました」と、10年ぶりの正当な続編公開への思いを語った。また、自身が演じた松田については、「天然なところがありつつも責任感がある強い刑事」と紹介した。

イベントの途中では、前作『DEATH NOTE』と本作『デスノート Light up the NEW world』の劇中写真が登場。今回の撮影時の様子を聞かれた青山は「前作の時は、劇中で夜神月とLがチェスをしていましたが、本作では三島役の東出くんと竜崎役の池松くんが将棋をやっていて、10年前はチェスで、今回は将棋という10年の間の変化がおもしろかったです!」というエピソードを披露した。

さらにこの日は、特別ゲストとして現実世界に新たに誕生した“死神リューくん”も登場。公開まで宣伝を手伝うというリューくんの肩には「あなたの名前書きます」と書かれたタスキがかけられており、手にはデスノートらしきものが。MCに促されるまま、恐る恐るリューくんに自身の名前を伝えた青山は、そのノートが本物のデスノートではないことがわかるとほっとし、命がけ(!?)の調査を終えた。