水球男子のランチは巨体に似合わず控えめ!?

7月26日に放送される『サラメシ』(NHK総合、毎週火曜20:15)で、男子水球を32年ぶりの五輪出場に導いた大本洋嗣監督の現場に潜入。ほかにも、巨大なねぶたを親子で4基作る、ねぶた師一家に密着し、彼らを支えるお弁当を拝見する。

青森の夏を彩るねぶた祭り。墨を入れる書き割りの作業には、ねぶた師の人生が現れるという。一家4人横一列で、作りかけのねぶたを眺めながらのお弁当のお味は?

そして、男子水球・五輪代表の大本監督は、常識を覆す独自の戦術で、選手とともにリオでの勝利を目指す日々だ。意外にも、ランチは巨体に似合わずとても控えめ……。そこには深いワケがあった!?