山里亮太「スポーツ紙は一面を空けて!」今夜『アウト×デラックス』で事件が勃発

公開:

桃井かおり村主章枝が、7月14日(木)22時から放送されるバラエティ番組『アウト×デラックス~各界の天才が禁断の初告白SP~』(フジテレビ系)に登場。アウト軍団として番組に出演する山里亮太とミラクルひかるが、収録直後に取材に応じ、「放送後にはスポーツ紙が必ず食いつく」と、問題の多い収録だったことを明かした。

この日、桃井は、登場した瞬間から「ルールは壊すためにあるの」という名言を発し、さまざまなアウトを目撃してきた矢部浩之、マツコ・デラックスさえをも驚かせたという。山里は収録を振り返り、「すべてのスタッフの打ち合わせ、作家さんの頑張りが無駄になりました。大女優にルールなんてない」と語り、「色恋沙汰も話してくれて、桃井さんが自らの都市伝説を検証していくんです。誰もが否定したいことを、桃井さんの場合は、訂正をするのですが、“本当はもっとスゴイわよ!”って話してくれて隠す気がないんですよ。そこがカッコイイ」と大絶賛。そんな中、山里は「あなたの言うことには答えたくないって怒られちゃいました」と明かし、「一瞬、芸能界を辞めようか思った」と告白した。

そして、フィギュアスケート日本代表として輝かしい実績を積み上げた村主が同番組に3度目の登場。過去2回の出演では、彼氏いない歴15年以上、男性と縁がなさすぎて「恋愛対象が女性なのかな?」と悩みはじめたことを赤裸々に告白。今回は、女性を含む魅力的な3人とのお見合いを実施。ミラクルは仲人として登場するそうで、山里は「仲人界の常識を覆すような姿が見られるかも。そこでミラクルさんにちょっとした事件が起こる」と振り返った。さらに山里が「“本当に女の子が好きなのか?”の答えが出る。放送後にニュースになることはわかっている」と語ると、ミラクルも「自然な状況で答えを見つけられましたよね」と意味深に笑った。

またミラクルは、新作のモネマネや結婚式のスピーチで困ったときの最高の答えを紹介。ミラクルは「どんどんマネしていただいて、より良い日本になってもらいたい」と語り、山里は、「とんでもない場所にとんでもない方が参戦を表明しました。スポーツ紙はぜったいに食いつきます。ヒントは“参戦”です。この2文字を用意してスポーツ紙の方々は1面を空けて待っていて欲しい」とアピールした。

そのほか、登山家の三浦雄一郎が、息子の豪太を連れて登場。世界的なチャレンジをいくつも成し遂げてきた雄一郎の、常識をはるかに超える教育方法が明らかになる。