土屋太鳳、“空飛ぶ毒舌女子大生”に 映画『トリガール!』で主演

公開:

女優の土屋太鳳が、中村航原作の同名小説を実写映画化した『トリガール!』(2017年公開予定)の主演に決定。毒舌でツッコミキャラの女子大生・鳥山ゆきなを演じる。メガホンをとるのは、『ヒロイン失格』(2015)などで大ヒットを飛ばした英勉監督。

本作の主人公は、一浪の末に、理系大学に入学した鳥山ゆきな(土屋)。入学早々、理系のノリにカルチャーショックを受けていた彼女は、一目惚れした憧れのイケメン・圭先輩に誘われるがまま、「鳥人間コンテスト」を目指す人力飛行サークルに入会する。圭とコンビを組んで空を飛ぶはずが、圭のパートナーだった大嫌いなヤンキー被れの坂場先輩と組むことになってしまう。憧れの人との夏のはずが、大嫌いな人との夏に。三人の“空飛ぶ夏”が始まる。

主演決定の知らせを受け、土屋は「最初に、“もしかしたら自分、空飛べるのかな”と思って嬉しかったです。私の名前が土屋太鳳で、鳳凰の鳳(トリ)っていう字が入っているんですけども、普通、人って空を飛べないじゃないですか。このお話をいただいて“私、空を飛べるのかなー”と嬉しかったことを覚えています」とコメント。自身が演じるゆきなについては、「毒舌でどんどんツッコミを入れるという要素が私の中にないので、どんな私になるか分からないのですが、私が思うに、毒舌の方は裏表がなくて、思ったことをすぐに言葉にできるスピードの速い方なのかなと思います」と印象を明かし、「ストレートな表現でお芝居をしている時はスッキリしそうだなと思っています。私自身、体育会系の学校に通っていて部活にも入っているので、そんなサバサバした子たちの、ノリというかスピード感みたいなものは懐かしいなと思いながら、脚本を読んでいました」と語った。

また、脚本については「凄く面白くて、コントのネタ帳みたいなスピード感のある脚本だなと思いました」と感想を。続いて、「このスピード感をお芝居でできたらなと思います。まだどうなるかドキドキしているんですが、英監督ご自身が凄く面白くて、スピード感があってどこに行くのか分からないようなワクワクする感じ。なので、私自身も全力でぶつかって、一緒に走って空を飛んで行きたいなと思っています」と撮影に向けて意気込んだ。

今回のキャスティングについて、原作者の中村は「健康的で、自転車を漕ぎまくって、飾らなくて、まっすぐで、ちょっとおっさんぽくて、理系男子を一撃で骨抜きにしてしまう、なかなか魅惑的なヒロインの鳥山ゆきなさん。土屋太鳳さんしか考えられません! 素晴らしいキャスティングに感謝しています!」とコメントを寄せた。