SKE48松井珠理奈、川栄李奈と美しすぎる喪服&黒ストッキング姿を披露

公開: 更新:

松井珠理奈主演の新ドラマ『死幣』(TBS系列、毎週水曜24:10~)が、7月13日にスタート。

本作は、他人の死が見える不思議な力を持った女子大生・南由夏(松井)が、友人の死を目撃したことを機に謎の事件に巻き込まれる本格ホラーサスペンス。由夏の友人・絵里菜役で、元AKB48の川栄李奈が出演することでも話題を呼んでいる。

第1話では、由夏らが友人の通夜に訪れたシーンにて、松井と川栄が喪服姿を披露。先日、ニコニコ生放送にて第1話先行試写会が行われた際、ネット上では、その姿に魅せられた視聴者が「珠理奈の喪服の美しさたるや、悲しいシーンでも見惚れる」「喪服を着てる女性は、いつにも増して美しく見える」「黒は女を際立たせる」となどと絶賛の声を上げていた。

[第1話あらすじ]ある日由夏は、怪談好きな妹・小夢(清原果耶)から、お金が欲しくてたまらない人に突然届く呪いのお金「死幣」の話を聞く。死幣を使った人は、残酷な死を遂げてしまうという。

後日、由夏はゼミの先輩・三浦智志(山田裕貴)らに、しばらく連絡の取れない友人・橘郁美(西田麻衣)のことを尋ねる。しかし、皆一様に「心当たりはない」と返答。その夜、由夏がテレビをつけると、街頭インタビューを受け、「女性は外見が大事だから整形したい」と語る郁美の姿を発見。その瞬間、由夏は耳鳴りのような音と共に、郁美の顔が一瞬ねじれたように感じる。由夏には不思議な能力があり、この現象が起こる時は、この後何か不吉なことが起きるのだ。由夏が急いで郁美のアパートに向かうと、部屋の鍵は開けっぱなし。薄暗い部屋に入ると、焦げた一万円札、そして首を吊った郁美の姿があった。

郁美の通夜の日。由夏や三浦が弔問客として並ぶ中、若本猛(戸次重幸)という刑事が焼香に立つ。若本は、親族や弔問客に向かって「事情聴取を始める」と言い放つ。さらに、遺体の第一発見者である由夏に疑いの目を向け……。