織田“信成の野望”を告白、円広志は「危ないな~」

公開: 更新:

6月30日に放送開始8周年を迎えた朝の生活情報番組『よ~いドン!』(カンテレ、毎週月~金曜9:55~)のスペシャルイベントが29日、大阪のカンテレ本社で開催。番組開始時から支えてきた円広志と、昨年2月からレギュラー加入した織田信成が、名物コーナー「となりの人間国宝さん」のエピソードや番組の裏話などを披露した。

円は、これまでを振り返り「8年間アッという間でした。最初は月・火・水曜にロケをしていたんですが、織田君に水曜を担当してもらってからは、番組も若返って『よ~いドン!』が新しい雰囲気になった」としみじみ。織田は「スケートの練習に行く前に見ていて、大好きな番組だったんです。これからも『よ~いドン!』が長く続いてほしいですね」と番組愛を語った。

そして、第1回の放送をVTRで振り返ると、円は「まだ若いね。顔がパンパンや!」と恥ずかしそうにコメント。実は第一号となる“人間国宝さん”認定ステッカーを思いのほかあっさりと渡していたことに、織田から「早っ!これどういうこと? こんな渡し方あり?」とツッこまれ、「いろいろあったんや……(笑)」と言い訳する場面も。

一方の織田は、現役時代に6年間通った思い出のジムを訪ねた回を振り返り、恩師から掛けられた言葉に思わず号泣。「何度見てもこのVTR泣けますね」と語る織田に、「皆さん、これ、ネタですから! 泣く前、ここ(耳の後)押すんですよ」とぶっちゃけて笑いを誘った。

そして「今後の野望は?」と聞かれた円は、「僕は63歳ですから、1日でも長くという気持ちで、何年できるかの挑戦です。次の目標は9年かな。今週を乗り切って、また来週。そんな状態です」と謙虚にコメント。対して織田は、「今、水曜日に出演していますが、もう1日ぐらいレギュラーを増やしたいですね。1日また1日と増えて……。知らないうちに一番左のはしっこ(円の席)に座れたらな~(笑)」と“大きな野望”を告白。これを受けて円は、「危ないな~。気ぃ付けや! 俺、明智光秀かもしれんで!」とおどけてみせるなど、抜群のコンビネーションで集まった観客を楽しませていた。

PICK UP