東出昌大と池松壮亮が対峙『デスノートLNW』新シーンカットが解禁

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)。この度、キーパーソンの三島と竜崎の関係性が映しだされている、新シーンカットが解禁された。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができるノートを使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界一の探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。それから10年後に舞台を移し、正統な続編として紡がれる本作では、死神が地上にデスノートをもたらし、世界中が大混乱に陥っていた。そんな中、“デスノートを追う男・三島創(東出昌大)”、“デスノートを封じる男・竜崎(池松壮亮)”、“デスノートを制する男・紫苑優輝(菅田将暉)”という3人のキーパーソンが登場し、“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、デスノートを巡って三つ巴の戦いを繰り広げる。

この度、解禁されたのは、東出演じる三島と、池松演じる竜崎の場面写真。三島は、夜神月の父である亡き夜神総一郎が立ち上げた「キラ対策室」を前身とする「デスノート対策本部」の若手捜査官。仕事熱心で正義感に燃える三島は、10年前の事件以降、デスノートによる新たな事件の発生を危惧して、“キラ”、“デスノート”の研究を重ね、手書きの研究ノートを作成しており、誰よりもデスノートに精通した秀才だ。一方の竜崎は、Lが生前に残した遺伝子から生まれ、天才的な頭脳を引き継ぐ世界的名探偵。合理的で冷静沈着な自信家であり、終始クールな態度でキラ事件の真相へと向かう、生まれながらの天才。三島と竜崎は事件解決の為、「地上にもたらされた新たな“6冊のデスノート”を封印する」という共通の目的を持っているものの、仲間ではない。シーンカットでは、竜崎が額に銃を当てさせたり、逆に三島が銃を突きつけられたりと、あわよくば利用してやろうと互いを牽制し合う2人の姿が映しだされている。果たして、どちらが先にデスノートに辿り着くのか。

PICK UP