元乃木坂46宮沢セイラ、一人暮らしで「男遊び」を開始

モデルの宮沢セイラが、6月11日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「お父さんにナイショで男友だちと遊びまくっていること」を反省する。

同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。

今回登場するのは、サッカー解説者・宮澤ミシェルの娘であり、元乃木坂46のメンバーで、現在はモデルとして活躍しているセイラ。硬派な父の愛情を一身に受け続け、大切に育てられてきたが、5ヶ月前に一人暮らしを始めたという。それ以来、マッチョでやんちゃなお友だちと遊んでいることが明らかになる。すると、ミシェルの気持ちを考えて、MCの有吉弘行は「泣けるねぇ……」と漏らし、見届け人の博多大吉も「この感情は、『北の国から』を見たときの感情と一緒!」と、スタジオ中が父を思いやる展開に。果たして、セイラの“男遊び”の真相とは!?

このほか、作家・岩井志麻子の1日に緊急密着した様子をVTRで紹介。普段のスタジオでは絶対に見せない裏の顔が明らかになる。

PICK UP