和田安佳莉、武井咲主演『せいせいするほど~』に“女優転身宣言”後ドラマ初出演

公開: 更新:

「ミスアジアファッションモデル2015」に輝いた和田安佳莉が、武井咲主演の新ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系列、7月スタート、毎週火曜22:00~)に出演することがわかった。

本作は、武井演じる、とある企業の広報部で働く主人公・栗原未亜と、滝沢秀明演じる、その企業の副社長を務める既婚男性・三好海里が織りなす禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描いた“オトナ”の群像劇。小学館の月刊誌「プチコミック」に連載されていた、北川みゆきの同名漫画が原作となっている。

これまでさまざまなCMやショーで活躍し、今年3月に行われた「女優宣言お披露目記者発表会」で女優転身を宣言した和田。今回は、宣言後初のドラマ出演となる。そんな和田が演じるのは、未亜の働く広報部の後輩・遠藤多佳子。未亜や、同僚の佐伯香澄(横澤夏子)と女子トークを繰り広げるほか、部長の向井雅代(神野三鈴)に厳しく指導されながらもめげず、ひたむきに仕事を頑張る姿を見せる。和田は「劇中では恋愛にしても仕事にしても、皆さんの周りに日々起こっているようなリアルを描きながら物語が展開していくので、自分に置き換えながら楽しんでいただければ」とコメント。ドラマ出演に関しては「まだ右も左もわからない状況ですが、体当たりで臨み、回を重ねるごとに成長した姿をお見せすることができれば。是非ご覧ください」とメッセージを寄せている。