さまぁ~ず、芸能界一不器用な出川哲朗に“さまノーベル賞”授与!?

公開:

6月16日(木)24時10分から放送されるバラエティ番組『さまノーベル賞』(TBS系列)の収録が先日都内で行われ、MCのさまぁ~ず(大竹一樹・三村マサカズ)が感想を語った。

本番組では、ピンポイントすぎる研究をおこなっている人々を“みらいじん”と呼び、“みらいじん”とその研究を応援する芸人が共に登場。芸人の熱いプレゼンを聞いたさまぁ~ずと選考委員の芸能人が“さまノーベル賞”を選定する。今回登場する“みらいじん”は、地獄研究歴25年の大学教授、サツマイモで発電する研究を続けている大学教授、コブダイと24年交流し、手なずけることに成功したダイビングショップ社長、34年で1000校以上もの文化祭を取材してきた塾講師。彼らの研究をプレゼンするのは、カンニング竹山、サンドウィッチマン、山里亮太(南海キャンディーズ)、千鳥。選考委員は小嶋瑠璃子とりゅうちぇるとなっている。

収録を終えた三村は「先生方が本当に真剣なところが良かった。いくらでも喋れるでしょうから」と、大竹は「何も知らない状態で収録に挑みましたが、先生方のお話が面白くてつい聞き入ってしまった」と感激の様子。

印象的だった“みらいじん”として、大竹は「サツマイモ発電の先生は格が違う」と感動、三村も「なるほど、と思って反論ができなかった」と舌を巻いた。また三村は、文化祭研究の先生も挙げ「研究内容をホームページで公開されていますよね。うちの娘も文化祭のことで困っていたから、昨年先生のことを知っていたら“そのサイトを見たら”と助言できたかもしれない」と悔しがる素振りを見せた。

さらに三村は、「芸能界だと、川口春奈さんに“さまノーベル賞”をあげたい」と。「あの子は間が良い。普通は、ツッコまれたら否定するじゃないですか。あの子は黙っているので面白い」と絶賛した。そんな大竹は「僕は出川哲朗。芸能界一不器用で、何もできない(笑)。狙ってないのに、素で面白い。いろんなことができると思っている心意気に“さまノーベル賞”をあげたい!」と語ると、三村も大きく頷いた。最後に、三村が「例えに出るようなものではなく、想像を超える研究が見てみたい」と続編への期待を滲ませると、大竹も「え~っと驚きたい」と未知の研究に目を輝かせていた。