東野幸治、天童よしみは「歌が売れているイメージがないのに紅白に…」

東野幸治がMCを務める、日本テレビ系のバラエティ『1周回って知らない話』が、6月8日(水)19時から放送される。

もはや当たり前になりすぎていて、今さら誰も説明してくれない「1周回って知らない話」を本人に直接ぶつけて明らかにしていく同番組。MCは東野、進行は川田裕美が担当する。第5弾となる今回は、大御所演歌歌手の天童よしみ、元衆議院議員の杉村太蔵らが出演する。

『紅白歌合戦』19年連続出場の天童に対して、東野は「歌が売れているイメージがないのに、どうして紅白に出続けているんですか?」と失礼極まりない質問をぶつける。すると、天童は、不敵な笑みを浮かべながら「私は、曲を出すたび、1年、2年かけてジワジワと売れ始めるのです」と回答。さらに、そもそもJ -POPと演歌では売れ方が違うことを説明する。実際、天童が今年2月にリリースした新曲「女のあかり」は、オリコンの演歌・歌謡曲部門で3 ヶ月間ずっとTOP10入り。1位になったのも5週目と、ジワジワと売れている。

また、コンサートは全国津々浦々4000人規模の会場で年に100回行っており、観客動員は合計40万人を超えるという。さらに、「その話をすると涙が出る」と本人が漏らすレコード会社との契約を打ち切られた不遇時代の話や、美空ひばりの写真をバックに紅白で歌った時の裏話を、ひばりの長男・加藤和也が明かす一幕も。そして、親交が深い笑福亭鶴瓶からは、天童の食にまつわる知られざるエピソードも飛び出す。このほか、天童にまつわるお金の話や結婚願望など、下世話なプライベート話も追求していく。

一方の杉村に対しては、「何で、国会議員を辞めたのか?」について直撃。これを受け、杉村は「苦情は多かったが、政治資金で温泉に行ったわけでも、不倫をしたわけでもないので、最低の政治家ではない」と反論。「ただ、◯◯だっただけだ」と、漢字二文字で当時の自分を振り返る。また、世相を交え、議員時代のハニートラップの話についても赤裸々に告白。さらに、「現在の貯蓄額は5億円?」との質問には、「さすがに5億は……」と濁しながらも、現在の収入源を明らかにする。

このほか、新企画「夫婦の馴れ初め」のコーナーには、中尾彬・池波志乃、梅宮辰夫・クラウディア夫妻が登場。「一言で答えてちょーだい」のコーナーでは、モデルのりゅうちぇるに「そのキャラは作っているのか?」、蛭子能収に「漫画家としてどれくらい稼いでいるのか?」など、その真相を本人に直撃していく。

PICK UP