石原慎太郎が『行列』初出演、舛添都知事について発言

前東京都知事の石原慎太郎が、6月5日(日)21時から放送の『行列のできる法律相談所 ようこそ、高畑充希さん!さらにこの後あの超大物ゲストも登場します!SP』に初出演。東京都知事時代の数々の裏話を披露する。

いつも怒っている印象が強い石原の登場に、MCを務める東野幸治をはじめ、行列メンバーや鈴木奈々らスタジオゲストは何時になく緊張。スタジオに現れた石原は「いやだねぇ~」と声をあげ、理容室の店員に「あんなもん出ない方がいいよ、危ないよ」と言われたことを明かす。さらに、番組の放送時間には就寝しているので、『行列』を見たことがないことも発覚する。そんな中、東京都知事時代の「東京マラソン実現の裏側」「秘話」や「現在、世間を騒がしている現都知事・舛添要一について」などの発言が飛び出す。

また、田中角栄や政治、行政についてのトークを展開する一方で、意外なプライベートについても紹介。テレビは見ないが、よくDVDで映画を見るという石原は「TSUTAYAでレンタルするが、何百本も借りて見てしまい、見るものがなくなる」とのこと。さらに、店員からは「つくづく映画好きですね」と言われるという。このほか、弟・石原裕次郎と兄弟デュエットした際の貴重な秘蔵映像も公開する。

そして、話題のマジシャン・新子景視の“ブレインダイブ”を、スタジオで初体験することになった石原。高畑充希と二人で並んで、目を閉じた状態で立ち、新子が高畑の鼻やアゴを触ると、一切触れられていないはずの石原が“自分の鼻やアゴを触られた”と感じるという。あまりにも衝撃的な内容に、石原が「危ない人だ」と絶賛した新子の神技マジックは必見だ。