歌舞伎俳優・中村隼人、新ドラマで水沢エレナ&トリンドル玲奈と三角関係に

公開:

歌舞伎俳優の中村隼人が、武井咲主演の新ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系列、7月スタート、毎週火曜22:00~)に出演することがわかった。中村が民放ドラマにレギュラーとして出演するのは、今回が初となる。

本作は、武井演じる、とある企業の広報部で働く主人公・栗原未亜と、滝沢秀明演じる、その企業の副社長を務める既婚男性・三好海里が織りなす禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描いた“オトナ”の群像劇。小学館の月刊誌「プチコミック」に連載されていた、北川みゆきの同名漫画が原作となっている。

中村が演じるのは、証券マンにして新進気鋭の小説家・久野淳志。海里の大学の後輩で、未亜の親友である編集者・真咲あかり(水沢エレナ)にその才能を見出され、新人賞を受賞し、その受賞パーティーで、未亜や、もう一人の親友・美山千明(トリンドル玲奈)と出会う。小説家と編集者という立場であかりと絆を深めていく一方、千明とも特別な関係となるようで、波乱の三角関係の中心となる重要な役どころだ。

そんな久野を演じる中村は、二代目中村錦之助の長男として生まれ、2002年2月歌舞伎座『菅原伝授手習鑑 寺子屋』にて松王丸一子小太郎役で初舞台を踏んだ。2007年には、国立劇場『堀部彌兵衛』のさち役で国立劇場特別賞を受賞。そして現在、世界的な人気漫画『ONE PIECE』と歌舞伎がコラボレーションした、スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』にサンジ・イナズマ役で出演している、今をときめく気鋭の歌舞伎俳優だ。

中村は「久野はミステリアスな部分もあり、愛嬌たっぷりな部分もあり、とても魅力的な人物。女性がキュンとするシーンが多いので、拙いながらも全力でぶつかり、しっかりと久野という役を掘り下げて演じられれば」と意気込みを語る。伊與田英徳プロデューサーは「以前舞台を拝見した際に、お若いのに非常に懐の深いお芝居をされる方だなと感動し、いつかご一緒できればと思っておりました。今回このような形でご一緒できることになり、とても興奮しております。あかりと千明、さらには未亜と海里の関係をも揺さぶるキーマン・久野をどのように演じていただけるか、今から放送が楽しみです」と期待を寄せている。