西島秀俊『世にも奇妙な物語』は「一筋縄ではいかない」“サラリーマン軍人”を熱演

西島秀俊が、フジテレビ系で5月28日(土)21時から放送されるドラマ『世にも奇妙な物語'16春の特別編』に出演決定。筒井康隆の人気作品「通いの軍隊」が原作で、会社に通うように人々が軍隊に午前9時から午後5時までだけ参加し戦争をしている、という世界が描かれる。

主人公の前島啓一郎(西島)が住む日本では、世界的な納豆ブームを受け、「ニュー・イバラキ」が日本からの独立を宣言し政府軍との戦いが続けられている。そんな中、前島が務める会社が納品したライフルに不具合があり迷惑をかけたため政府軍におわびに行くよう上司から指示される。謝りに行くと、そこはサラリーマン化した戦場があった。すぐに帰るはずが、気づけば戦争へ加担しており、やりがいをも感じるようになっていく。そんな前島を驚くべき結末が待っていた……。

2004年に放送された『過去からの日記』以来12年ぶりのシリーズ出演について西島は、「『過去からの日記』は本当に心に染みる物語でしたけれど、今回はある意味王道と言いますか、ブラックユーモアの作品なのですごく楽しみに現場に入りました」と語り、本作について「戦争がモチーフになっていますが『世にも奇妙な物語』ならではの不思議な軽さとユーモアと、それとは真逆の不思議な重さとを同時に持つすばらしい台本」とコメントしている。

富士山を間近に拝む静岡県裾野市で戦闘シーンなどの撮影が行われ、「“戦争もの”ということで、短編なのですがかなり撮影は大がかりで贅沢な撮影をしています。やはり『世にも奇妙な物語』ならではの一筋縄ではいかない、普通の戦争ものではない、なにか本当にブラックユーモアにあふれた作品になっていると思います。ぜひ期待して見ていただけるとうれしいと思います」とアピールしている。

そのほか、窪田正孝主演『夢みる機械』、さらに松重豊と高橋一生がダブル主演する『クイズのおっさん』が発表されている。