ハーフ美女に強い視線!?三森すずこ、元気系ヒロインを好演

公開: 更新:

4月30日(土)放送のアニメ『カミワザ・ワンダ』(TBS系全国28局ネット、毎週土曜朝7:00~)第2話には、声優の三森すずこ演じるキャラクター・ミライが初登場する。

本作は、TBSが13年ぶりに制作するアニメ作品。物語の舞台は、“プロミン”と呼ばれる不思議なモンスターのおかげで、世の中の出来事がすべてプログラミングされている世界。身の回りで起こる不具合(バグ)は、すべてプロミンがバグ化した“バグミン”の仕業だった。主人公のちょっぴりグータラな少年・ユート(CV:國立幸)は、突然現れた宇宙犬・ワンダ(CV:山口勝平)と共に「カミワザショット」というカメラ型アイテムをはじめ、さまざまな「カミワザガジェット」を駆使し、バグミンの捕獲に乗り出す……。

第2話では、地球をバグミンで支配する使命を受けた三人組・バグバイツが、あらゆるプログラムをバグらせ、バグミンを生み出す“ワザワイプログラム”を街にばらまいたことにより、“バグカギミン”が現れる。カギを開閉して悪さをするバグカギミンは、いろいろな鍵にイタズラし、街中を混乱に陥れる。

三森が声を担当するミライこと小日向未来は、ユートの幼なじみでクラスメイト。明るく活発で好奇心旺盛、情に厚い性格で、実家は花屋を営んでいる。公式サイトで見ることができる予告動画では、同じくクラスメイトのハーフ美女・ニコルに抱きつかれているユートに、ミライが強い視線を送っている様子が確認できる。この場面からは複雑な三角関係が展開されるようにも想像できるが、この先、ユートとミライ、そしてニコルがどんな掛け合いを見せるのかにも注目だ。