目のやり場に困る!? 池田エライザのドラマPRがエロい

人工知能的な存在「ポール」と多彩なゲストが最新のトレンド情報を紹介する情報バラエティ番組『#ハイ_ポール(ハッシュタグ・ハイ・ポール)』(フジテレビ系、毎週木曜25:55)が、21日よりスタートした。

この番組は、iPhoneの音声認識型のパーソナルアシスタント機能「Siri」のような、新しい人工知能的な存在「ポール」を、フジテレビコンテンツ事業局が開発したという設定で展開。

初回ゲストは、女性ファッション誌「Popteen」専属モデルの藤田ニコルや、現役女子高生シンガーソングライターの井上苑子、女性ファッション誌「CanCam」専属モデルの池田エライザが登場。藤田の「付き合っている人はいるの?」という質問に対して、ポールは「都合のイイ女が何人かいます」とチャラい答えを返し、CDを売るために様々な販売方法でアプローチしていることを明かした井上には「そっち側か!? 土日に稼ぐタイプか!?」とキレだすなど、個性的なアシスタントぶりを発揮する。

ほかにも、番組ではあらゆるジャンルの情報をミニコーナー化して紹介。プロレスラーながらスライドを使って対戦相手についてプレゼンすることで有名な、スーパー・ササダンゴ・マシンによるフジテレビの最新情報や、「情熱を持った職人たちの商品」と、「モノ作りの物語」を本気で応援する新型地方活性化プロジェクト「ダイバイヤー」、シチュエーションムービー「美人エスカレーター」、アニマルコミュニケーターでタロット占い師のBeBeが、ペットの心を読み解く「どうぶつタロット占い」などが登場する。

さらに、池田エライザが登場する“主演ドラマ『SHIBUYA零丁目』』のPR映像”が、胸の谷間が見え隠れしてエッチな雰囲気を醸し出していたり、顔に乗せたお菓子を手を使わずに食べる姿を撮影した映像「食べる女」がフェチ心を煽ってきたりと、深夜番組ならではの内容にも注目だ。