『あさが来た』で注目の清原果耶、前田敦子と“深夜の昼ドラ”で舌戦展開!?

公開:

若手女優・清原果耶(14歳)が、前田敦子主演の連続ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系列、毎週水曜24:10~)にて、民放の連続ドラマ初出演を果たすことがわかった。

二股や不倫がテーマの本作が目指すのは“深夜の昼ドラ”。前田演じる、常に恋人を複数作っている“超恋愛体質”な政治記者・毒島(ぶすじま)ゆり子の生き様と男たちの“愛と裏切り”が描かれるドロドロエンターテインメントとなっている。前田のほか、新井浩文、渡辺大知(黒猫チェルシー)、片岡鶴太郎らが出演する。

「アミューズオーディションフェス2014」で3万人を超える応募の中から頂点に輝いた清原は、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』の好演が注目を浴び、先日シーズン1が放送されたNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』にも出演した。そして本作では、新井演じる新聞記者、小津翔太の娘、絵美を演じる。

先日クランクインし、絵美がひょんな事からゆり子と出会うシーンをした清原。民放の連続ドラマ初出演について「私を知らなかった方にも見て頂けると思うと、とても楽しみです」と喜びを語る。また今後は、絵美とゆり子が舌戦を繰り広げるシーンもあるという。清原は「絵美は、正義感の強い女の子。お父さんのことが大好きな女の子なので、その前に現れるゆり子を圧倒できるような演技がしたいです」と力を込める。

そんな清原を、前田は「爽やかで可愛かったです」と絶賛。また「私も14歳でデビューしたのですが、あんなにしっかりと演技できていなかったと思います」と自身のデビュー時を振り返っている。