南原清隆「腐すのではなく肯定したい」新バラエティの“超個性キャラ”に期待

ウッチャンナンチャンの南原清隆がMCを務める新バラエティ番組『超ハマる!爆笑キャラパレード』が、4月23日(土)19時より初回2時間スペシャルでスタート。初回収録を終えた南原と陣内智則 綾部祐二(ピース)、そして、進行と務める永島優美アナウンサーが取材に応じ、新番組の魅力を語った。

この番組は、“強烈キャラ”を芸人たちが熱演するキャラクターショー。芸人たちが、独特なしゃべり方、顔つき、動き、理不尽さ、非常識さなど、強烈な個性を持ったキャラクターたちになりきって、VTRでキャラ芸を披露していく。

南原は「コントとは違ったキャラクターで楽しかった。色んなキャラを並べてみる楽しみがあった」と初回収録を振り返り、「芸人がコントとかキャラクターものを披露する場が少ないですが、フジテレビはもともとそこに長けている局。真似したくなるようなキャラクターを披露できる場を作ってくれたことが大きい」と番組への期待の高さを語った。そして、超個性的なキャラクターたちに対しては「腐すのではなくて肯定していく。こんなキャラクターがいても良いんじゃないかな! という方向に持って行けたら嬉しいです。そのかわり役に立つ情報とかは一切ありません(笑) 実際に会うと嫌だけど、芸人がやることで笑いになるキャラクターを紹介していきたい」と意気込みを語った。

そのほか、陣内は「何も考えずに見られる。土曜の7時に子どもが見て、月曜に学校にいったら“あのキャラどうだった?”って話題になりそうなくらいの戦力が充実していた」を手応えを述べ、綾部は「渡辺直美は僕が知らないキャラクターをやっていて、知っている芸人さんにこんなキャラクターがあったんだっていう発見がある」と語り、「コントの人たちはなりきり方が違いますね」とキャラクターの出来栄えに感心。永島アナも「芸人さんの観察力が凄くて、細部までこだわった役作りが素晴らしいと思いました。途中でスタジオにキャラクターが出てくるのが見どころで、そこでの掛け合いも面白かったです」と見どころを語った。

また、坪倉由幸(我が家)や椎木里佳、越智ゆらの(ゆらゆら)らが番組を観ながら生実況トークを楽しむ連動番組『超ハマる!裏!爆笑キャラパレードSP』を、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」にて同日18時55分より配信。「LINE LIVE」を活用して、視聴者から地上波で放送されている番組に対しての質問やコメントを募集し、そのコメント等を随時紹介。地上波で放送された際の“強烈キャラ”に対して、視聴者の反響の高さに連動して実際にキャラ芸人に『裏!爆笑キャラパレード』の方に飛び入り出場してもらうなど、初の試みが行われる。