男女が乱れる桃源郷「吉原」が舞台… 色っぽくて笑える“艶噺”に注目

4月からスタートした柳家喬太郎の演芸番組『柳家喬太郎のイレブン寄席』(BS11、毎月第2・3月曜23時~)。同番組は、3月まで放送された前身番組『柳家 喬太郎のようこそ芸賓館』から一新しての新番組で、落語・色物・漫才・コント・浪曲・講談……色とりどりの演芸をたっぷり披露。演芸ファンはもちろん、初心者でも楽しめるバリエーションとなっている。

4月18日(第2回)のテーマは、前回に引き続き“艶噺”。喬太郎師匠をはじめ、三遊亭萬窓師匠、桃月庵白酒師匠、桂春蝶師匠の男4人が自由にトークを展開するほか、BS11内の13Fホールで収録した公開収録の模様が放送される。

番組では、まずお酒を飲みながらの反省会にカメラが潜入。艶噺ということで、話題は江戸時代に誕生した男の桃源郷「吉原」に……。遊女がでてくる噺や、当時のお金持ちの豪遊ぶりなどに花が咲く。そして、落語の演目は、白酒師匠の「徳ちゃん」、萬窓師匠の「明烏」。今回も、男と女が繰り広げる、色っぽくて笑える噺が盛りだくさん。

『柳家喬太郎のイレブン寄席』では、落語収録の観覧者を募集中。

師匠たちの洗練された芸の極みを生で観られるチャンス。収録をご覧いただき、一緒に番組を盛りあげてくださるかたは、下記住所宛にハガキで申し込みください。当選者はご案内のハガキの発送を持ってかえさせていただきます。また、番組の演出上客席の撮影もありますのでお顔が撮影される可能性がございます。

日時:2016年5月19日
時間:15時会場 16時開演 17時20分ごろ終演予定
※多少時間が早まったり押したりする可能性がございます。
収録場所:BS11 13階ホール (東京都千代田区神田駿河台2-5)
応募の宛先:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5 「BS11落語収録係」
応募期間:2016年4月25日迄 ※当日消印有効