ゆず、AKB、高橋優ら、新社会人にパフォーマンスでエール

公開: 更新:

フジテレビ系音楽番組『Love music』の1時間スペシャル『Love musicさだが仲間由紀恵ゆず優香が門出をお祝いスペシャル』が4月8日(金)23時30分から放送。AKB48さだまさし高橋優谷村新司、ももいろクローバーZ、ゆずが新社会人に向けた歌とメッセージを送り、仲間由紀恵と優香も新人時代の新生活について語る。

高橋は「何かしらに向かって歩いてる人にとって、昨日よりも今日、今日よりも明日がどんどんよくなっていくように」と『明日はきっといい日になる』を演奏し、ももクロは「新生活を始める人が前向きな気持ちになってくれたら」と『走れ!』を披露する。また、仲間由紀恵と優香がトークゲストとして登場し、それぞれ好きな音楽について語るほか、仲間は沖縄から上京した時のこと、そして優香は新人時代の寮生活について語る。

そして、AKB48、ゆず、谷村新司、さだまさしが豪華プレーヤーによる生バンド“武部聡志音楽団”とともにパフォーマンスを披露。AKB48は、総監督の横山由依が「皆さんの若いパワーで日本全国を盛り上げていただけたらと思います。私たちも同世代ですので、一緒に頑張りましょう!」とメッセージを送り『365日の紙飛行機』のパフォーマンスを繰り広げる。

さだは「20代はいくらでも失敗していいのでチャレンジしてください。そしてできれば正義のためのチャレンジを」と語り、『案山子』を熱唱。ゆずは門出を祝うのにふさわしい堂々たるハーモニーで『栄光の架橋』を響かせ、「これは敗者の曲を作ろうと思って作った曲なんです」と語り、「これから挫折もいっぱいあると思います。ですが、負けた時こそ、そこから学ぶことや得たことが人生において大切です。くじけず、あきらめず、それぞれの栄光の架橋へと進んでいってほしいです」とエールゆず。谷村は『いい日旅立ち』を熱唱し、新社会人に「ご両親のおかげでここにいる、ということを一瞬だけでも思い起こしてほしいと思います。そして、いま持っている夢を、信じる心をあきらめないでください」と語る。