松下奈緒が“裸踊り”で新境地!? 八嶋智人「ポロリもあります!」

女優の松下奈緒が、4月14日からフジテレビ系でスタートする新ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』(毎週木曜22:00)の制作発表会見に出席。「朝ドラのようにホッとして、ホロっとできる作品です」と作品をアピールした。

本作は、34歳にしていまだ結婚を意識していない独身の小学校教師・立木早子(松下)が、周囲に巻き込まれて、結婚に向かって動き始め、時に傷つきながらも運命の人と巡り会うべく奮闘していく姿を描いた物語。恋愛要素だけではなく、一人の人間として、一人の女性として結婚とは? 家族とは? そして、人生とは? という問いに対する答えを探していく、笑って泣けるヒューマンドラマとなっている。

松下は「結婚に向かっていきますが、運命の人を自分の手で見つけたい、一緒に働いている仲間や家族の思い、日々の生活の中で感じる幸せに気付いていく前向きなお話」とストーリーを紹介。演じる早子については「どこか3枚目よりなところがある」と語り、予告映像で披露された“裸で踊るシーン”を振り返り、「今までにやったことのない役柄」と語った。それを受けて、学校の先生仲間で作った「結婚を目指す会」メンバーの千駄木廉太郎を演じる八嶋智人は、「予告で初めて見て、思ったより松下さんやってるなって(笑) 回を重ねていくとポロリもあります!」とジョークを飛ばして会場の取材陣を沸かせていた。

そして、同じく「結婚を目指す会」メンバーで、婚活に積極的な久我山ミカを演じる貫地谷しほりは、「20代後半から実年齢より年上の役が多くて、今回は28歳の役をいただけてすごく嬉しいです」と笑顔を見せ、“女子力が高い”という役の設定については「“女子力って何でしょうね?”という話はよくします。女優さんはサバサバした人が多かったりして、あまり女子力という感じではなかったりするのですが、そこは意識して、休みの時間は爪を整えたりして女子力を磨いています」と役作りについて語った。

また、早子の母・立木尚子を演じる松坂慶子は、立木家について「お豆腐屋さんなので、朝5時くらいから仕事をして8時くらいから油揚げを作る。健康的で地に足の着いた生活をしている夫婦で、生活や人生は自分の考え方一つで明るくしていけると考えを持った幸せな役です」と紹介。現在、実際に両親と一緒に暮らしている松下は「家族と一緒だととても安心感がありますし、実家を出ようと思ったことはないんです(笑) この安心感は早子と共通している部分だと思って演じています」と語り、「結婚にただ突き進んでいくわけではないですし、小学校モノでも、かといってラブストーリーかというとそうでもありません。毎日普通に暮らしていて、小さな幸せを見過ごしていることがたくさんあると思いますが、その一つ一つに気付いていくことで大きな幸せになる。そういう忘れていた気持ちに気付かせてくれるドラマになっていると思います。結婚がすべてではないですが、そこに向かってどのように登場人物たちが成長していくのか。結婚にちょっと憧れている人、結婚したくない人、どうすればいいんだろう?と悩んでいる人……。女性がいくつになっても悩むことを早子を通してお伝えできればと思っています」とドラマをアピールした。

PICK UP