木村佳乃主演『ぼくのいのち』横山歩の熱演に感動の声が続出

2016年3月23日(水)に放送された、実話をもとにしたスペシャルドラマ『ぼくのいのち』(読売テレビ・日本テレビ系)。難病との闘いを描いた本作の放送終了後には、ネット上で感動したという感想が相次いだ。

本作は、しっかり者で朗らかな母親の川田三千代(木村佳乃)が、夫・大介(北村一輝)と息子3人の男所帯を切り盛りする川田家が舞台。明るくてお茶目な父親の大介は長男のような存在で、子どもたちは大介の影響で人を笑わせることが大好きだった。川田家は笑いの絶えない明るい家族だったが、幸せな日々は突然、崩れ始める。明るくて元気な4歳の次男・祐平(横山歩)が病気に侵されていることがわかった。発症したのは100万人に1人とも言われる稀なガンの一種である肝芽腫だった……。

現在、話題作への出演が続いている子役・横山が、難しい役に挑むことでも注目を集めていた本作。放送終了後には、Twitter上で「歩くんの演技が素晴らしかった」「本当に演技がうまいなー」「あんなに可愛いのに演技が凄くてやばい。涙が止まらない」など、その演技力を絶賛する声が続出。本編についても、「開始15分なのに泣きすぎて辛い」「冒頭から涙がやばい」といった感想が溢れていた。さらに、「私だったら何ができるんだろう。判断を誤ったらいろんなことが左右されちゃう」「(子どもと)毎日一緒にいても、その時間を大切にしなきゃいけないな」と、自身の立場に置き換えて、考えこむコメントも見受けられた。

PICK UP