あの朝ドラ俳優、突然の大ブレイクは“陰謀”だった!?

漫画家・久保ミツロウ、エッセイスト・能町みね子、音楽プロデューサー・ヒャダインの"こじらせ系"クリエーター3人が、毒舌&妄想&本音トークを繰り広げる一風変わった文化的おしゃべりバラエティ番組『久保みねヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ系列、毎週土曜深夜)。2月27日の放送では、NHKの朝ドラ『あさが来た』で大ブレイクした俳優、ディーン・フジオカの名前についての妄想トークを繰り広げた。

近況を語るコーナーで、久保が「ディーン・フジオカ、文字の順番を変えれば“お筆、イー感じ”。何かの暗号かもしれない」という自身のツイートを紹介。「陰謀論とか、テレビに出てる側の人間を疑う人っているじゃないですか。そういうことを言う人はディーン・フジオカにも何か感じてしまうんじゃないかと思って」と、皮肉まじりのつぶやきだったことを打ち明けた。

「(ディーンは)誰かが何かのために送り込んだ可能性がありますよね」と能町がこの妄言に乗っかると、「(ディーンは)突如、花開きましたからね」と、ヒャダインもひと言。久保は、「しかも、全部カタカナなんて怪しくない?」とさらに全員の妄想を促した。

その他にも、久保が「ディーオ婦人科」「老い風神刑事(デカ)」「フィジーでオカン」など、数々のディーン・フジオカの文字を入れ替えたアナグラムを発表すると、2人は大爆笑。それぞれ、「婦人科はンとオを入れ替えるだけですね」「風神刑事が老いはじめていると」「旅行についていったオカンかもしれない」とイメージを膨らませる。「これは陰謀ですね」「これは危ないですね」と、ノリノリの3人だった。

そして、能町の「最近出てきた俳優さんや芸人さんは全部陰謀なんで」というコメントをヒントに、番組では「ディーン・フジオカ選手権」を開催。ディーン・フジオカに限らず、最近活躍している有名人の名前を並び替えて発見した暗号を募集することに(詳細は番組HP)。

「暗号は簡単には見つからないですよ」というヒャダインに対し、「あいつらだって必死ですからね。国家を転覆させようと」と、久保。さらには「盗撮されているかもしれない」とカメラを指さし大笑いし、こじらせまくった妄想を爆発させた。

この回では他にも、サンドウィッチマンの新幹線の広告の話題から発展して、男同士の親密な関係を示す「ブロマンス」や、ほんの少し死にたくなったときに使う、久保発案の1snt(シニタ)という単位の使用例などについて盛り上がった。