漫画の神様、手塚治虫のルーツは平安の武将!?

手塚眞が、2月12日の『ファミリーヒストリー』(NHK総合 毎週金曜22時~22時50分)に出演する。同番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめるというもの。この日は、「手塚眞~父は漫画の神様 ルーツは平安の武将~」と題して放送される。

父は漫画の神様、手塚治虫。手塚家のルーツは、平安時代の武将と言われる。平家物語にも登場する人物だった。元々、信濃で暮らしていた手塚家が、なぜか江戸時代には水戸藩に仕えた。番組で、その経緯が明らかに。

また父・手塚治虫の漫画家デビュー秘話も明かされる。そこには、戦争から帰ってきた祖父が関わっていた。そして会社倒産で莫大な負債を抱えた治虫。救ったのは、妻のある一言だった。秘蔵映像と共に800年以上に及ぶルーツに迫る。