タモリ一行、ついに四国へ上陸『ブラタモリ』

公開: 更新:

1月30日(土)の『ブラタモリ』(NHK総合 毎週土曜 19:30)は、タモリ一行がついに四国に上陸。夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台として、また俳句のまちとしても知られる、愛媛県松山市を散策する。

いまや四国最大の人口51万を誇る松山市だが、実は松山城ができる前、周辺は一面の荒野で、人が住むのに適した土地ではなかった。わずか400年で、どのように四国一のまちになったのか? その秘密を、タモリが解き明かしていく。高校の校庭にいまも残る土手は、まちづくりの秘密兵器だった? 途中、市内を流れる川でみつけた異様な岩場にタモリは大興奮する場面も。わずか1年で「滝」をつくってしまった大工事とは? さらに松山の玄関口として栄えた港町へ向かったタモリ一行。旧家の庭で発見した巨大な物体と、松山の俳句との意外なつながりとは?