上沼恵美子、大沢樹生の“衝撃事実”の激白に「どの口が言う!?」

公開: 更新:

俳優の大沢樹生が、2月5日(金)19時より関西テレビで放送する『快傑えみちゃんねる』にゲスト出演。番組メインパーソナリティーの上沼恵美子が「なぜDNA鑑定しようと思った?」と、アノ騒動の核心に斬りこむ。

番組冒頭、上沼は「係争中で、言えないことが多い中、今日は特別来ていただいてるんですよ」と歓迎。さらに大沢から過去に息子に対する悩み相談を受けていたことを明かし、「いいお父ちゃんよ。子煩悩で」と大沢の父親ぶりを語る。一方、大沢は「結審されてないので、99%言えないんです。でも、逃げも隠れもしたくない。マスコミや世間で誤解が生じている部分があるので、それは正したくて」と出演を決めた理由を明かす。

上沼は、渦中の問題について「喜多嶋舞さんは大沢さんの息子と言いはっているけど、あれは無い」と素直な感想を語り、「なんで(親子関係の)鑑定をしようと思ったんです……?」と核心に斬りこんでいく。言い辛そうにする大沢に対して上沼は「言えなかったらいいです! 想像で言いますから!」と語りはじめ、「“あなたの子じゃない”と言われたのでは?」と口にすると、大沢が衝撃の事実を告白する。それを聞いた上沼は「(喜多嶋さんは)往生際が悪いわ!」「“(付き合った)男性は大沢さんだけです”ってどの口が言う!?」と声をあげ、上沼のあまりのぶっちゃけぶりに、大沢は「ある程度覚悟はして来たんですけど……キツいっすね」と肩を落とす。

そんな中、大沢は「シロクロはっきりつけたかった」などと、DNA鑑定をした理由や「情と親心は彼に対して変わっていない」と息子への素直な思いを激白する。

そのほか、結婚や離婚でワイドショーを賑わせた仁志川峰子、布川敏和、いしだ壱成、大浦龍宇一がゲスト出演。つちやかおりと離婚後、テレビ共演を果たした布川は、今は幸せそうな元妻への恨み節(!?)や、今だから思い当たる離婚の予兆などを明かす。いしだは再婚して順調な結婚生活を送っているかと思いきや、まさかの離婚危機が発覚!? さらに、12歳の息子を育てるシングルファーザーの大浦は、彼自慢のこだわりキャラ弁で反抗期の息子に仕返し。その見事なキャラ弁を披露し、仁支川は「最近の若い芸能人は挨拶に来ない!」と語り、芸能人の挨拶問題について激論が飛び交う。