中島美嘉が歌うドラマオリジナル曲「愛の歌」が挿入歌に『表参道高校合唱部!』最終話

公開: 更新:

芳根京子主演、9月25日放送の連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系列、毎週金曜22:00)最終話では、中島美嘉が歌うドラマオリジナルソング「愛の歌」が挿入歌として登場する。

同作は、芳根演じる、表参道高校に転入してきた合唱好きのヒロイン・香川真琴が、廃部寸前の合唱部を立て直し、歌の力でミラクルを起こす青春ホームコメディ。芳根をはじめ、志尊淳吉本実憂森川葵堀井新太高杉真宙萩原みのり泉澤祐希といった次世代のスター俳優がフレッシュな演技を見せるほか、神田沙也加城田優といったミュージカルでも活躍し、歌唱力に定評のある俳優陣が脇を固めている。

[最終話あらすじ]父・雄司(川平慈英)と母・美奈代(堀内敬子)の離婚が決定的となり、修復不可能となった真琴の両親。さらに追い打ちをかけるように、表参道高校の廃校が決定する。歌の力を信じられなくなった真琴(芳根)は、雄司と香川県に戻る決意をする。

そんな中、真琴にこれまでの恩返しをしたい合唱部部員、顧問の有明(城田)、副顧問の瀬山(神田)は、真琴の両親を復縁させるため、一発逆転の作戦に出る。