ピーター「芸能活動を休んで旅に出たい」パーティもやめた“断捨離”の真意を語る

公開: 更新:

19日に放送された、阿川佐和子が司会を務めるトーク番組『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に歌手・俳優のピーターが出演。毎年恒例の芸能人が集まるホームパーティもやめてしまった“断捨離”の真意を語った。

今年5月まで高輪の別荘で行っていたホームパーティは毎回大勢の芸能人が参加することで知られていたが、その家も手放したという。「還暦を過ぎましたが、そのうち管理ができなくなってくると思って。死ぬまでにやりたいことが100個くらいあるので、整理して動きやすい身体にしたいと思った。特に大震災があってから、物を持つことの虚無感、罪悪感を感じて、ブランド物や指輪なども含めて、断捨離を始めた。家は一軒あればいい」と、その真意を明かした。

「1、2年芸能界を休んで、キャンピングカー買って、日本全国を回ってみたいな」と野望を明かし、「(断捨離すると)終活ですかと言われるが、失礼な(笑)。今から始まりたいために整理する。ジャンプをするためにエネルギーを貯めているようなものですね」と、目を輝かせて語っていた。