山崎まさよし、5年ぶり『さんまのまんま』で前回出演時の約束を果たす!?

シンガーソングライターの山崎まさよしが、明石家さんまのトークバラエティ番組『さんまのまんま』におよそ5年ぶりに登場する。

5年前の出演時、さんまは「『セロリ』で歌が作れるなら『ポリエステル』でも作ってほしい」と、山崎に歌を作ってほしいとお願い。「曲書いてくれた?」と迫るさんまに山崎はなんと答えるのか?

山崎はお土産として自家製の“梅干し”を用意。声にいいと聞いて毎日食べているというさんまは「何個持ってきてくれたんや?」と期待するも予想外の結果に。そして、山崎が「容赦なしで酸っぱいです」と語る中、梅干しを食べたさんまが発したひと言とは?

また、山崎は、子供が生まれてから子供番組にキャラクター(イヌのキャラクターの声)として出演したり、仕事に対する感覚も変わってきたという。「宮崎アニメの声優をやりたかった」「アニメの主題歌は良い」などミュージシャンを長く続けている中での心境の変化なども語った。

一方、さんまは何十年先も自分で作った曲が歌い継がれるミュージシャンがうらやましいと告白。山崎に、定番となる甲子園ソングの制作を提案し『コンバットマーチ』の話題で盛り上がる。山崎が別々の2曲だと主張する曲を、さんまは1つの曲だと言い張り、応援歌『コンバットマーチ』をめぐり大人2人が振り回される展開に…。果たして2人は正解に辿りつけるのか?

そして、山崎は、もう一つのお土産のベストアルバムを出す。その中には大竹しのぶとのデュエット曲も収録されていると言い、それを知ったさんまは「車で聴きたくないなぁ」とテンションを下げる。デュエット曲は、“ちあきなおみ”らの歌唱で知られる名曲『黄昏のビギン』。「ワンコーラスだけでも頼むわ(歌って)」とリクエストするさんまに、山崎はギターを弾きながら生歌を披露。まんまコーナーでは、DIYに凝っている山崎がドリルを用いたビス留めでまんまと対決する。

この模様は、関西テレビで8月29日(土)13時56分から、フジテレビで8月30日(日)13時から放送される。