つるの剛士、亡き父の働きぶりと本名の姓「靍野」の謎が明らかに!

公開: 更新:

つるの剛士が、8月28日放送の『ファミリーヒストリー』(NHK総合 毎週金曜22時~22時50分)に出演。若くして亡くなった父の「天才」と呼ばれた働きぶりをしり、その生き様に誓いをたてる……。同番組は、著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、「アイデンティティ」や「家族の絆」を見つめるというもの。

59歳の若さで亡くなった父。高校を卒業後、大手銀行に勤めた叩き上げの銀行マンだった。つるのは、父の生前の働きぶりを知らず、ずっと気になっていたと語る。

今回、取材で明らかになったのは、父の天才と呼ばれた働きぶりだ。さらに戦後の門司で、父は家族とともに土石流に襲われていた。生死を分けたある判断があった。そして、本名である「靍野」の姓の謎。珍しい「靍」の文字の秘密が明らかになる。