ジャルジャル後藤、特効志願兵だった祖父の涙に「戦争って現実やったんや」と実感

お笑いコンビ・ジャルジャルの後藤淳平が、関西テレビの戦後70年特番『みんなで考える戦後70年 ~芸能人が探る自分ストーリー~』(8月15日15:55~)で、第2次大戦中に特効志願中に終戦を迎えたという元陸軍パイロットの祖父と出演。祖父が乗っていた戦闘機「疾風」が、世界で唯一残っている鹿児島県知覧を二人で訪れ、「泣いているおじいちゃんを見て、ほんまに戦争って現実やったんや……と。70年経っても心の傷が消えないなんて、戦争は本当に恐ろしいものなんやと改めて思いました」と話した。

番組では、報道番組やドキュメンタリーで伝える戦争の事実とは、また別の目線で、身内が戦争に深く関わっていた芸能人を通して、「戦争」と「今を生きている私たち」の関わりを描き伝えていく。後藤は、祖父の戦争体験を辿ることで、後藤自らの記憶にも焼き付ける旅へと出る。

後藤は祖父から戦争の話をよく聞いていたと言い、「子どもながらに“こんな細かいことまでよく覚えてんな~”と思っていました。今回、この話をいただいた時に、おじいちゃんが元気で自分から話ができるうちに聞ける良い機会じゃないかと思った」と、番組出演の経緯を語った。さらに「知覧特攻平和会館に行って、おじいちゃんが乗っていたような戦闘機も飾ってあったりとか、おじいちゃんと同じ部屋にいた戦友の方が特攻で亡くなられて、その方の名前や遺書や写真がそこに飾ってあったりするのを見て、僕も、よりリアルに戦争を感じました」と、知覧を訪れた感想を話した。

また、今回祖父と二人で訪れたことについて、「ほんとに大きかったですし、良かったですね。実際に、おじいちゃんも戦友の写真を見て泣いていて……。戦争と言われても、僕自身、イマイチ、世代的にもピンと来ないんですけど、実際におじいちゃんと同じ時間を同じ部屋で過ごした人の名前があって、それを見て泣いているおじいちゃんがいて、そういうのを見て、“ほんまに戦争って現実やったんや……”っていう感覚がピンときました」とコメント。

さらに、「おじいちゃんは、特攻を志願していて、たまたま順番が回ってこなかっただけで、当時のおじいちゃんの気持ちで言うと“なんで選ばれへんねん。行かしてくれよ”みたいな気持ちやったって言うてたんです。その気持ちは、やっぱり今の僕らは絶対に理解はできないと思うんですけど、そういう話を聞くことはできるので、そういう話を直接、幸いにも聞ける環境なので、聞けるだけ聞いておきたいと思います」と語っており、戦争を経験者にしかわかり得ない、戦時中の“思い”を聞くことの大切さを感じたようだ。

また、番組ナビゲーターを務める関西テレビの新人アナウンサー竹崎由佳がもんぺ姿で登場する番組紹介VTRを公開。竹崎アナが子役時代に映画『血と骨』で、ビートたけし演じる金俊平の娘・花子を演じた際に着て以来10年ぶりに、戦時中の女性たちが着ていたもんぺをまとい、番組のテーマを伝えている。

番組では、ジャルジャル後藤のエピソードのほか、祖父が、技術者で兵士ではなく「軍属」として太平洋戦争に関わっていたというメッセンジャー黒田が出演。最近亡くなった母の遺品から見つかった、1冊のアルバムは、会ったことのない亡き祖父の衝撃の戦争体験、そして自らのルーツを知る。さらに、関西やカンテレにゆかりのある芸能人、赤井英和、大平サブロー、はるな愛、円広志、宮﨑香蓮の、父母や祖父母の戦争体験を紹介していく。