「あの花」実写ドラマ化!めんまが銀髪から黒髪へ、その理由とは?

フジテレビの深夜アニメ枠“ノイタミナ”ほかにて放送され、大人気を博した『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が実写化され、同局のゴールデンタイムでスペシャルドラマとして年内に放送することがわかった。メインキャストには、村上虹郎(18歳)、浜辺美波(14歳)、志尊淳(20歳)、松井愛莉(18歳)、飯豊まりえ(17歳)、高畑裕太(21歳)が決まり、編成企画担当の狩野雄太が、キャスティングの理由や企画への思いを語った。

物語は、秩父を舞台に、仲良し6人組「超平和バスターズ」の友情や恋、成長を描いた青春群像劇。「超平和バスターズ」の活発なリーダー的存在である宿海仁太(あだ名=じんたん、村上虹郎)、笑顔を絶やさない柔和な本間芽衣子(あだ名=めんま、浜辺美波)、怜悧な秀才タイプの松雪集(あだ名=ゆきあつ、志尊淳)、引っ込み思案な安城鳴子(あだ名=あなる、松井愛莉)、しっかり者のまとめ役、鶴見知利子(あだ名=つるこ、飯豊まりえ)、無邪気な皆の弟分、久川鉄道(あだ名=ぽっぽ、高畑裕太)はいつも仲良く遊んでいたが、“めんま”の事故死をきっかけに、6人の絆は決裂してしまう。それから7年、高校に入学したものの、家に引きこもってしまった“じんたん”の前に、少し成長した“めんま”の幽霊が現れた。“めんま”は、生きている時にかなえられなかった“ある願い”が心残りで現れたと言うが、どんな願いなのかは思い出せないという。あの日を境にバラバラになってしまった「超平和バスターズ」は、失われた笑顔を取り戻すことができるのだろうか。そして“めんま”の願いとは一体何なのか……。

編成企画担当の狩野雄太は「ずっと大好きなアニメで、実写化をするならば絶対に自分がやりたいと思っていました」と意気込み、「本当に何回見ても涙があふれてしまう、人の心の奥底をつかむ魔法がかかった作品だと思うので、より多くの方にこの作品の魅力を知ってもらいたい」と熱い思を語った。一方で、自身がそうであるように、思い入れが強いファンが多いことも強く感じており「非常に勇気がいる、チャレンジのしがいのある作品」とコメント。また、アニメのファンが気になっている銀髪が魅力の“めんま”が黒髪になったことについて、「アニメ通りだと“めんま”は銀髪にしなくてはならないなどあるのですが、プロデューサーや監督との相談の結果、生身の人間にする場合、黒髪にした方がいいであろうと結論になりました」と議論があったことを明かし、セリフ回しの細かなニュアンスは若干、現実寄りにし、実写ドラマとして色付けしているという。既にクランクインはしており「本当に、みずみずしい画を撮っていますので、魅力的なドラマをお送りできるかと思います」と自信をのぞかせている。

また、オーディションを繰り返し、プロデューサー、監督とも綿密に相談をして決めたという配役について「今後のテレビドラマ界を賑やかにしてくれるに違いない方々ばかりですし、実際にドラマを見ていただけたら原作ファンの方にもご納得いただけるキャスト陣になっていると思います」と自信を見せた。アニメの原作脚本を務めた岡田麿里からもコメントが寄せられ、「実写作品的な内容を、アニメでしかできない表現で描いてみたい……。と考えて生まれたのが『あの花』でした。それが、まさかのドラマ化。感動&動揺しつつも、スタッフの皆さまの手による、ドラマでしかできない表現で描かれた、新しい『あの花』を楽しみにしています!」と期待を寄せている。