DAIGO、吉田羊、杉咲花が3D昆虫ドキュメンタリー映画のボイスキャストに決定

公開: 更新:

DAIGO、吉田羊、杉咲花が、7月11日(土)に公開される3D昆虫ドキュメンタリー映画『アリのままでいたい』で、ボイスキャストを務めることがわかった。

製作期間に3年が費やされたという本作は、世界で唯一の特殊カメラ“アリの目カメラ”で撮影された3D昆虫ドキュメンタリー。日本に生息する50種類以上の昆虫が登場し、超クローズアップ撮影された昆虫たちの熾烈な生存競争が怪獣映画のようなタッチで描かれる。DAIGOはナレーションを、吉田は圧倒的な狩りを見せるカマキリ役をそして杉咲は生まれたばかりで狩りの腕が未熟なカマキリ役を、それぞれ演じる。彼らのコメントは以下の通り。

<DAIGO>
“アリの目カメラ”で細部までリアルに撮影されているので、より昆虫の世界を知ることができるし、まるで自分もその場にいるような感覚になります。子どもの頃に見ても楽しかったと思いますが、大人になった今だからこそ「あ、そういうことだったんだ!」と知ることができてとても楽しかったです。この映画はとにかくキッズのみんなにぜひ見てもらいたい! この映画を見れば虫が大好きになるし、虫のことを“無視”できなくなると思います! ぜひ皆さん、劇場で最高の昆虫映画をご覧ください! 親子でも楽しめます!!

<吉田羊>
昆虫の一生ってこんなにもドラマティックなんだなと感動しました。昆虫と同じ目線で見ることで、彼らを身近に感じられてワクワクしました。命を営むというのは犠牲を払うことで、私たち人間は感謝してその命をいただかないといけないと改めて思いました。昆虫の目線で撮られた映像は臨場感があって迫力満点! とにかく美しい!「昆虫の映画で感動するはずがない」と思っているあなたにこそぜひ見てほしい。これは命の映画です。

<杉咲花>
もともとナレーションの仕事に興味があったので、お話を伺った時はとても嬉しかったです。昆虫の生存競争のシーンはとてもショッキングでしたが、人間もそうですよね。生きているものを食べるということに感謝しなければいけないし、とても大事なことだなと思いました。この映画は、普段自分たちが見ている目線ではなく、完全に虫の世界、虫の目線からの3D 映像なのですごく面白くなっていると思います!