井浦新、ユースケ・サンタマリア、三浦貴大ら『探偵の探偵』キャストを発表

北川景子が主演を務め、川口春奈と女バディを組むことでも話題のフジテレビの新ドラマ『探偵の探偵』(毎週木曜22:00~)に、井浦新、ユースケ・サンタマリア、三浦貴大らが出演することが決定。それぞれが作品の印象や役への思いを語っている。

井浦が演じるのは、北川演じる主人公・紗崎玲奈が入所した探偵事務所スマ・リサーチ社の社長・須磨泰臣。現役時代は優秀な探偵で、探偵業に対して独自の価値観を持ち、時代に応じた法令遵守の感覚で、どこよりも早く探偵業法に基づいた(表向き)健全な会社運営を心がける、堅実なビジネスマンでもある。一方で探偵の行動は全て自己責任によるもの、という考えを持ち、玲奈が窮地に陥ろうとも介入しない。かつて人生が闇に覆われるほどのつらい思いをした過去がある人物だ。井浦は、この役について「探偵作品に魅了されてきた私としては、役者を生業とするようになり、いつの日にか! と思いを募らせてきました」と語り、「政治や経済、人々の暮らしも日々変化する現代において、犯罪も多様化し想像もできなかった事件が起こります。それを正面から捜査するのが警察ならば、北川景子さん演じる紗崎玲奈は、まったく新しい独自のやり方で事件に風穴を開けてゆく。見るものに衝撃を与えてゆくことでしょう」と作品への期待を語った。そして、演じる須磨については「陰と陽を自在に操り、底知れぬ闇をみじんも感じさせずに探偵社の社長を務めている。須磨の過去を想像し血肉を通わせながら、この男の未来に何が起きるのか? 何を企んでいるのか! 付き合い甲斐のある役柄」とコメントしている。

そして、ユースケ・サンタマリアは阿比留総合探偵社の社長・阿比留佳則を演じる。阿比留は、警視庁からの信頼も厚く、警察への捜査協力を積極的に行うことで名前を売り、マスコミにも顔出しで多く登場する自己顕示欲の塊のような男。解決に至るために必要な知識の披露や、気取ったプレゼンテーションが大好きで、葉巻とサングラスを愛する。ユースケは「台本に書かれていない阿比留のキャラクターに命を吹き込みたい。説明セリフも多い役でアドリブを入れる余白もあまりないのですが、隙間があれば彼の人間性を入れ込んでいます」と語り、「葉巻やサングラスは私の趣味(笑)。葉巻は僕の好きな銘柄でシガーケースがかっこよくて、サングラスは僕の私物なのですが、日常のユースケ・サンタマリアを役に取り入れることで(阿比留というキャラクターが)面白くなる」と役づくりを語る。また、「最初の頃、善人なのか、悪人なのか、何も考えてない人なのか(笑)、視聴者の方も分からないかもしれませんが、阿比留なりの正義感を持っている、それが世間一般的にはどう映るのか? 北川さん演じる主人公的にはどう映るのか? 正義はひとつじゃないということは意識して演じています」と役どころ明かす。

そして三浦は、警視庁捜査一課勤務のノンキャリア出身の刑事・窪塚悠馬を演じる。窪塚は、訳あって8歳になる一人娘・柚希を母親の実家に預けながら仕事をしている。はじめは探偵という職業に対して強い嫌悪感を示し警察としてのプライドをぶつけてくるが、実は似たような境遇にある玲奈の過去を知って同情にも似た共感を覚えるようになっていく。三浦は「警察の中でも一人、阿比留という探偵のやり方に疑問を持ち、戦っていく熱血漢でありながら、クレバーな面も持ち合わせている人物」と役柄を紹介し、「警察という第三の勢力として良きアクセントになっていければ」と意気込みを語っている。

そのほか、玲奈の殺された妹・咲良のDNA鑑定を担当した大学病院の医師・矢吹洋子役で高岡早紀、川口演じる峰森琴葉の姉・織田彩音役で中村ゆり、坂東志郎役で相島一之らも出演する。

PICK UP