仏伝統の縁起菓子、プチシュークリームのタワー「クロカンブッシュ」作りに挑戦

公開: 更新:

3月27日放送の『グレーテルのかまど』(Eテレ 毎週金曜 21:30~21:55)で、結婚式や洗礼式などの門出に欠かせない、フランス伝統のスイーツ「クロカンブッシュ」作りに、瀬戸康史が挑戦する。同番組は、瀬戸がナビゲーターの15代ヘンゼルとして、スイーツの不思議な物語を紹介していくもの。

グレーテルの意味深なメッセージに、もしや結婚!? と思い込んだヘンゼルは、姉の門出を祝うスイーツ作りに取りかかる。作るのは、フランス伝統のスイーツ“クロカンブッシュ”。結婚式や洗礼式などの門出に欠かせないこの一品。小さなシューにあめを絡ませ、円錐型に積み上げる難しい技に、ヘンゼルが挑戦する。

シューとはフランス語でキャベツを表し、子孫繁栄の願いと豊かな収穫を願う意味がある。そんな縁起菓子・クロカンブッシュに込められた人々の思いをひもときながら、スイーツがもつ“門出を祝う力”にスポットを当てる。