「パズドラ」のガンホーと『情熱大陸』のコラボゲームがついに完成!制作の舞台裏を公開

公開: 更新:

2012年のリリース以来、日本国内で累計3400万ダウンロードを記録しているスマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」を生み出したゲームメーカー、ガンホー・オンライン・エンタテインメントと、MBS/TBS系ネットのドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎週土曜23:30)がコラボレーションしてオリジナルゲームを制作。3月1日(日)放送分では、1年以上に及ぶ制作過程の舞台裏と完成したゲームを紹介するほか、同社の代表取締役CEOでゲームクリエイターの森下一喜に密着する。

森下の密着取材を行うに当たり、番組スタッフがガンホーに「一緒にゲームを作ることはできないか」とダメもとで提案したことから企画はスタート。代表取締役という立場ながら、一からゲーム作りに関わるほど細部にまでこだわりを見せるという森下は「自分が納得行くまではリリースしない」ことを条件に承諾した。そうして、昨年3月上旬に双方で顔合わせが行われ、8時間以上ものミーティングの末、「番組の要素を盛り込んだもの」、「“文字”を使って遊べるもの」というコンセプトが決定。その後、森下の指揮のもとガンホーのクリエイターにより開発が進められ、この2月ついに完成に至った。

番組の福岡元啓プロデューサーは「将来、テレビが他メディアとどう連携していくかは業界全体のテーマ。今回は、奇しくも(ゲームメーカーが)テレビドキュメンタリーとのコラボレーションをしたということで、テレビ業界にとってもゲーム業界にとっても初めてとなる、刺激的な取り組みとなりました。両者ともやりたいという方向で動けたからこそ、進化がありました。初めてのことを“やれないかも”ではなく“やりたい方向で考える”というのは大切なことだと、改めて気付かされました。(番組を通して)珍しい取り組みを共に体験していただければと思います」とメッセージを寄せる。

放送では、オリジナルゲームの紹介や森下のゲームクリエイターとしてのこだわりのほか、森下のアメリカでの多忙な日々、趣味のスキー、そしてゲーム三昧のプライベートなどを伝えていく。