小池栄子&仲野太賀​​W主演『新宿野戦病院』第1話のTVer再生数が100万回を突破!

公開:
「新宿野戦病院 第1話 <宮藤官九郎脚本>笑って泣ける医療エンターテインメント!」を見る(配信終了まで1週間以上)

小池栄子仲野太賀​​がW主演を務めるドラマ『新宿野戦病院』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)。7月3日に放送された第1話の民放公式テレビ配信サービス「TVer」における再生数が100万回(※)を突破した。

※計測期間:2024年7月3日~7月5日
※TVerにおけるVODのみの番組動画再⽣数(ビデオリサーチにて算出)
※リアルタイム配信・追っかけ再生による再生数は除外
※放送局のキャッチアップサービスと他社プラットフォーム等は除外

宮藤官九郎脚本、小池と仲野がW主演を務め、橋本愛平岩紙岡部たかし馬場徹塚地武雅ドランクドラゴン)、濱田岳余貴美子高畑淳子生瀬勝久柄本明らが出演する『新宿野戦病院』​​は、新宿・歌舞伎町を舞台にした“救急医療”エンターテインメント。

<第1話>
新宿歌舞伎町の路地にひっそりと建つ「聖まごころ病院」。その土地柄、救急外来を訪れる患者の多くは、貧しい路上生活者や在留外国人、ホストや風俗嬢など、一般の病院と違い、その特殊な“ワケあり”背景を持った患者たちが集う。

そこに、突如としてアメリカ国籍の元軍医である謎の女性が歌舞伎町に降臨する。彼女は、軍医経験を持つ女医のヨウコ・ニシ・フリーマン(小池)。やがて彼女は、歌舞伎町で繰り広げられるさまざまな闇を明るく照らし出す存在となっていく。そして、年老いた叔父の病院に勤務する美容皮膚科医の仲野演じる高峰享がヨウコと出会い、歯車が動き始める。

時代とともに大きな変貌を遂げていく歌舞伎町の中で、ポツリと小さく存在し、取り残されたボロい病院。ネオンを光らせ、人々の欲がうごめく夜の街・歌舞伎町の中で生きる人たちに、小さな病院の光が、ひとつの心のよりどころとして、病院にいる個性豊かな医師たちとともに明かりをともしていく。