アルピー平子、ONE N' ONLY TETTAとの腕相撲で力の差を見せつける!カメラ目線で「終わるぜ」

公開:
アルピー平子、ONE N' ONLY TETTAとの腕相撲で力の差を見せつける!カメラ目線で「終わるぜ」
「DAN! DAN! EBiDAN!」を見る

スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成されたアーティスト集団、演劇集団“EBiDAN”の冠番組『DAN! DAN! EBiDAN!』(テレ東系、毎週木曜25:00~)。7月4日の放送では、平子祐希アルコ&ピース)とTETTAONE N' ONLY)の腕相撲対決に大盛り上がりする場面があった。

今回行うのは、MCを務める“EBiDANのアニキ”ことアルコ&ピース(平子、酒井健太)に各グループ15秒×メンバー数の制限時間で自己アピールをしていく「DAN!DAN!知っちゃおう!自己プレゼン王」。グループ一人ひとり、限られた時間の中で次々と自分の特技などを紹介していくのだが、TETTAは「平子さんが腕相撲がめちゃくちゃ強そうなので、僕が負けたら師匠と呼ばせてください!」と何故か負ける前提で勝負を挑む。

「負け先行じゃなくて、“やってやるよ”で来てくれないと……」と平子は戸惑いつつも、その勝負に乗ることに。必死なTETTAに対して、余裕な表情を見せる平子。さらに、カメラ目線で「終わるぜ」と決め台詞を言ったかと思いきや、TETTAの腕をひとひねり。圧倒的な力の差を見せつけた平子を、TETTAは「師匠」と呼ぶことに。外野も大盛り上がりしていた。

しかし、あんなに盛り上がったにも関わらず、最後の推しメン発表時では、TETTAは平子の推しメンに選ばれず。選ばれたのはICEx志賀李玖で、「同郷ということで必然的にプラス5ポイント」と個人的な選抜理由を明かしていた。

次回は7月11日に放送される。