高橋一生演じるブラック・ジャックに「イメージピッタリ!」「美しい」の声

公開:
高橋一生演じるブラック・ジャックに「イメージピッタリ!」「美しい」の声

高橋一生が主演を務めるドラマプレミアム『ブラック・ジャック』(テレビ朝日系)が、6月30日に放送。高橋演じるブラック・ジャックが「イメージピッタリ」だと話題になった(以下、ネタバレが含まれます)。

法務大臣・古川正文の息子・古川駿斗が旅行中に危険ドラッグ運転で事故を起こした。かろうじて一命は取り留めたものの、あらゆる臓器が激しく損傷。すべて移植しなければ、助からないという状態に陥ってしまう。

正文は駿斗のために、似た背格好・同じ血液型の人物を探すよう要求。しかし、秘書は「もし体が手配できたとしても、そんな非人道的なオペを受ける医者はいるでしょうか?」と言う。そこで正文は、どこかで聞いた“法外な治療費と引き換えに、どんな手術も成功させる無免許の天才外科医”ブラック・ジャック(高橋)に依頼する。

その頃、研修医・長谷川啓介(井之脇海)は、服役中の友人・後藤一馬(早乙女太一)が自殺したと知らされる。その前に後藤から手紙を受け取っており、「もうすぐ出所できる」と喜びが綴られていたことから、疑問を覚えた長谷川。受け取った骨壺の中に彫刻が入った水晶のようなものが入っており、それを手がかりにとあるギャラリーを訪れると、そこでブラック・ジャックと遭遇する。

彫刻を作った彼が後藤の死に関わっていると悟った長谷川は、強引に住処を聞き出し、ブラック・ジャックの家へ。「自殺に見せかける手術でもしたのか?」と追及するが、ブラック・ジャックははぐらかし……。

高橋が演じるブラック・ジャックに「イメージピッタリ!」という声が多数。「所作が完璧すぎる」「美しい」などの声もあがっていた。