石原さとみからコメント到着!亀梨和也との共演を振り返る「とても有意義な撮影期間」

公開:
「Destiny 最終話 完結!!20年愛と事件…私たちの運命」を見る(配信終了まで1週間以上)

石原さとみが主演を務めるドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)の最終話が6月4日に放送。現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、この最終話に加え、第1話~第3話、限定コンテンツなどが配信中だ。

20年の時をかけたサスペンス×ラブストーリーが最終話を迎えるにあたり、石原は「この作品ほど、1話に詰め込んでいる伏線の量が多いものはないと思います。最終話を見た後に、第1話の台詞をひとつも聞き逃さずに見返してほしい」とコメント。

TVerで配信されている第1話~第3話で、いま一度、伏線をおさらいしてから、“凝縮された”最終話もチェックしてみては?

以下に、コメント全文を紹介する。

<石原さとみ コメント>

――『Destiny』は、4月期の民放連続ドラマ初回のTVer再生数第1位を獲得し、毎話200万再生を突破。TVerでは配信期間中、無料で何度でも番組を視聴することができますが、石原さんが「今こそ何度も繰り返し見てほしい」と思うシーンはありますか?

この作品ほど、1話に詰め込んでいる伏線の量が多いものはないと思います。さらりと流れたシーンや会話であっても後々の話数で回収されていくので、私ももう一度最初から見直したいくらいです! 特に第1話の台詞は全部聞き逃してほしくないです。例えば、第1話の冒頭にあった、奏が真樹を取り調べるシーン。気になっている方も多かったと思いますが、あれは第6話につながっていたんです。最終話を見た後にもう一度第1話を見ると、台詞のとらえ方が変わってくるのも楽しめると思います。

――約1年前の長い撮影期間を振り返って。

キャスト・スタッフがそれぞれ意見を出し合える現場だったと思います。それこそ、共演シーンの多い亀梨(和也)さんとはたくさんお話しさせていただきました。第3話にあった、奏の家の前から真樹が電話をかけてくるシーン。台本を読んで亀梨さんは「真樹は自分の死が近いと知って、奏に会いたい。でもどうしよう……と葛藤しての行動なんじゃないかな?」とご自身の解釈を説明してくださいました。たくさん話し合うことで新しい視点が見つかったり、それが表現の答えになってくれたりしたので、とても有意義な撮影期間でした。

――TVerでこれから『Destiny』最終話をご覧になる方に向けてメッセージ。

20年前の事件の真相、奏と真樹の決断、そして奏の父・辻英介(佐々木蔵之介)と真樹の父・野木浩一郎(仲村トオル)の対決……いろいろなものが“凝縮された”最終話になっています。

<最終話あらすじ>
野木真樹(亀梨和也)が容疑者となった「野木邸放火事件」の真犯人は誰なのか。及川カオリ(田中みな実)の事故はなぜ起きてしまったのか。西村奏(石原)は、20年前に命を絶った父・辻英介(佐々木)の死の真相を知ることができるのか。そして、奏と真樹の恋の結末は……?

画像ギャラリー