フジモン、「太夫フェス」でano「ちゅ、多様性。」に乗せて謝罪!芸能活動自粛中に失恋も…

公開:
「ロンドンハーツ 太夫フェス訳あって2023」を見る(2024.06.19 01:02 終了予定)

6月4日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)では、「太夫フェス訳あって2023」を実施。フジモンこと藤本敏史FUJIWARA)がanoの「ちゅ、多様性。」に乗せて、昨年起こした事件について謝罪する場面があった。

本来なら昨年末に行われているはずだった同企画。しかしフジモンが芸能活動を控えていたため、“訳あって”とタイトル付けての開催となった。しかし、一時は「お蔵入りしよう」という話もあったようで、MCの田村淳ロンドンブーツ1号2号)がその裏話を打ち明けると、有吉弘行は「それでいいんじゃないですか?」「こっちも許してる・許してないの問題があるから。素直に笑えるかな?」と冗談まじりながらも厳しい意見。

フェス開催の前振りは昨年撮っており、その際は、昨年流行ったものから「とにかくアソコが白いフジモン」(※『Britain's Got Talent』に出演したとにかく明るい安村)、『白の子』(※『推しの子』)、shiroちゃん(※あのちゃん)などの案が。それから半年以上が経過してしまったが、果たしてフジモンはなんのパフォーマンスをするのか?

淳からフェス開幕の合図が送られると、スタジオにはAdoの「唱」が流れ始める。そしてステージ上に檻があることから、他出演者たちは「Adoだ!」と大興奮するが、照明が付いた途端に現れたのは、赤いチャイナ服風の衣装を着たフジモン。そのままanoの「ちゅ、多様性。」に活動自粛中の思いを歌詞にのせて歌い、笑いを誘った。

歌唱後、自粛中の話に。有吉に「家族の支えはありましたか?」といじられ、「家族ないねん」と悲しい回答。さらに、当時は彼女がいたそうなのだが、期間中にフラれてしまったそう。「普通、そばにいるよね?」と声を震わせながら同意を求めると、淳は「辛いときはそばにいてほしいよね」と寄り添ったコメントをしていた。

次回は6月11日に放送される。