杉江大志扮するトランスジェンダーから予約が入った瀬戸利樹“ヤマト”は…『買われた男』

公開:
杉江大志扮するトランスジェンダーから予約が入った瀬戸利樹“ヤマト”は…『買われた男』
「買われた男」を見る

瀬戸利樹が主演、久保田悠来池田匡志が共演するドラマアディクト『買われた男』(テレビ大阪・BSテレ東ほか、毎週水曜24:00~)の第8話が6月5日に放送される。

「コミックシーモア」で連載中の人気作『買われた男~女性限定快感セラピスト~』をドラマ化した本作。「女性用風俗」を題材とした作品で、セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢など悩みを抱えた女性たちが店に訪れ、セラピストたちに心も体も癒されていく、デトックスヒーリングドラマとなっている。

瀬戸は、昼は会社員、夜は普通っぽさを売りに女性用風俗店「KIRAMEKI」でセラピストとして働く主人公・ヤマト役。久保田は、落ち着いた雰囲気で「KIRAMEKI」の色気担当・龍一役。池田は、若く華やかな顔立ちで「KIRAMEKI」人気ナンバーワンセラピストのシアン役を演じる。

前回の第7話では、鳥居みゆきがサヨコ役でゲスト出演。ホラーな展開に、SNS上では「怖すぎる!」の声が多数。「こんな話だったっけ?」「心臓跳ねたわw」「眠れなくなった」などの声が上がっていた。

<第8話あらすじ>
トランスジェンダー、MtFのハル(杉江大志)は妹の夏美(日比茉鈴)から女性用風俗店「KIRAMEKI」のサイトを教えてもらい、ヤマト(瀬戸)に予約を入れる。待ち合わせ当日、妹が利用する前の偵察だったと言って帰ろうとするハルをヤマトは引き止める。

はじめはヤマトを少し警戒するハルだったが、話すうちに同じアーティストが好きだということがわかり、次第に打ち解けていく。

途中、ハルは自分の好きなファッションに着替えてきて、ヤマトと一緒にアーティストの聖地巡礼をしたりと楽しい時間を過ごす。

“普通の特別”を与えてくれるヤマトの姿に、ハルは勇気を出して施術をしてほしいとお願いする。ハルには施術をしてほしい切実な理由があり……。

画像ギャラリー