永瀬廉“透”、幸せから一転して絶望展開に「かわいそうすぎる」「苦しくて見てられない」

公開:
永瀬廉“透”、幸せから一転して絶望展開に「かわいそうすぎる」「苦しくて見てられない」
「東京タワー」を見る

永瀬廉King & Prince)が主演を務める新ドラマ『東京タワー』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第7話が、6月1日に放送。幸せな状況から一気に転落する小島透(永瀬)に「かわいそうすぎる」という声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

川野喜美子(MEGUMI)との関係がバレ、その不倫関係も、恋人の森山由利(なえなの)も全て失ってしまった大原耕二(松田元太)。1つの家庭が崩壊する様子を見てしまった透は、自身と浅野詩史(板谷由夏)の関係も明るみに出れば、詩史とその夫・英雄(甲本雅裕)の関係も終わるのではないかと淡い期待を抱く。

そして訪れた、詩史との軽井沢旅行の日。湖畔を歩いたり、読書をしたり。ゆったりとした時間を一緒に過ごし、幸せを感じる透。その夜、ベッドの中でもその幸せを実感していたのだが、外から車の音が聞こえてくる。なんと、入っていた出張をキャンセルした英雄が、詩史の休暇を一緒に過ごしたいからとわざわざ軽井沢までやって来たのだ。

間一髪のところでバスルームへ逃げ込んだ透。そのまま裏口から出て、透はたったひとりで暗い夜道を歩きながら「僕は彼女に捨てられたんだ」と絶望するのだった。

SNS上では「残酷」「あまりにも透がかわいそうすぎる」「苦しくて見てられない」などの声が上がっていた。

次回、第8話は6月8日に放送。透は意を決して詩史の事務所を訪れる。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話も配信中。