高橋海人“秋久”が1対4で喧嘩!アクションシーンに反響「天才」「カッコよかった」

公開:
高橋海人“秋久”が1対4で喧嘩!アクションシーンに反響「天才」「カッコよかった」
「95|テレビ東京開局60周年連続ドラマ」を見る

高橋海人King & Prince)が主演を務めるドラマプレミア23『95(キュウゴー)』(テレ東系、毎週月曜23:06~)の第6話が5月13日に放送。ネット上では、広重秋久(高橋)のあるシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

岸セイラ(松本穂香)とホテルで一夜を共にした秋久。彼女が喜んでいたのもあって、イベントを考えてほしいと言われていた鈴木翔太郎(中川大志)には、花火大会を提案した。

この超ド級の企画に、翔は「最高。ナイスだよQちゃん(秋久)。みんなも想像してみろ。渋谷の空が花火で埋め尽くされるところを!」と大興奮。

マルコ(丸山浩一/細田佳央太)、レオ(堺怜王/犬飼貴丈)、ドヨン(新川道永/GENERATIONS​​・関口メンディー)も賛同し、早速、花火大会実施に向けて動いた。しかし、簡単に行くはずもなかった。

そんな中、翔が襲われる事件が起こった。彼曰く、犯人はわかっていないらしい。秋久は、宝来隼人(鈴木仁)や浄化作戦で潰したヤツらの報復ではないか? と訴える。やり返すことに意味はない、と動かないでいる一同に対し、これまで手を出していなかった秋久は、​​苛立ちを隠せない。

その後、秋久は、中学時代に通っていた中国拳法に再入門。街で1対4になっても相手をボコボコにして……。

ネット上では、高橋が披露したアクションシーンに「すごい」「カッコよかった」「天才」​​とのコメントがあった。

次回は5月20日に放送。セイラは、翔が襲われた原因は自分にあるとセイラは告白する。​​

現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1〜3話、各話ダイジェストが配信中。