望⽉歩、テレ東連ドラ初主演!人気スリーピースロックバンドの楽曲の世界観が原案の『痛ぶる恋の、ようなもの』

公開: 更新:
望⽉歩、テレ東連ドラ初主演!人気スリーピースロックバンドの楽曲の世界観が原案の『痛ぶる恋の、ようなもの』

望月歩が、3⽉7⽇よりスタートする新⽊ドラ24『痛ぶる恋の、ようなもの』(テレビ東京系、毎週⽊曜24:30〜)でテレ東連続ドラマ初主演を務めることがわかった。

多くのティーンから⽀持を集めるスリーピースロックバンドの楽曲の世界観を原案に映像化した本作は、彼⼥の⽣々しい浮気を⾒つけてしまったことをきっかけに揺れ動く痛々しい感情ドラマ。“ダメだと理解している⼀⽅で、⼼が離れない恋愛”という若さ故の⻘さや葛藤を、SNSや⼤学⽣活を通してリアルなストーリーと温度で表現する。

芸術⼤学で映像制作を学ぶ主⼈公・根津晴を演じる望⽉は、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、⼈質です-』(⽇本テレビ)や主演舞台『鍵泥棒のメゾット→リブート』など数々の話題作に出演し、映画『カムイのうた』が話題になるなど、多くの作品で活躍する若⼿実⼒派俳優。今作がテレ東連続ドラマ初主演となる。

さらに、根津晴の彼⼥でありながら浮気性で多くの男性と関係を持つ・久我ユリを演じるのは、映画『よこがお』で注⽬を集め、以降映画『海辺の⾦⿂』や『イカロス ⽚⽻の街』では主演を務めるほか、⾳楽シーンでも活躍する若⼿俳優・小川未祐

根津晴の後輩で、根津晴のことが気になる⾅井都を演じるのは、ドラマ『⼥神の教室〜リーガル⻘春⽩書〜』(フジテレビ)、 『沼オトコと沼落ちオンナのmidnight call〜寝不⾜の原因は⾃分にある。〜』(テレ東)などに出演し、⼈気上昇中の若⼿俳優・河村花

そのほか、根津晴と同じ映像学科の同期で監督の⾚澤勇貴役に杉田雷麟。カメラマンの吉川和也役に櫻井健人。同期の制作部・⾦森恭⼦役に藤井千帆。根津晴の後輩で助監督の横⼭英志役に河原楓。根津晴と久我ユリが通うコンビニの店員・⼭内琢磨役に佐久間祥朗が決定した。

そんな本作の、撮りたてほやほやの特報映像が解禁。根津晴と久我ユリの幸せそうな⽇常を、本作の主題歌と⼀緒に楽しむことができる。主題歌を担当するのは、本作の原案となった世界観を⽣み出し、実体験をもとに楽曲制作を⾏うスリーピースロックバンド。楽曲の全貌とアーティストは、後⽇発表予定だという。

<望⽉歩(根津晴役)コメント>
根津晴を演じます、望⽉歩です。この作品は恋愛に付いてくる「痛み」がベースになっている作品で、久我ユリとの時間の中に⾊んな痛みを感じながら話が進んでいきます。先輩、後輩、友達との関係性の中で⽣まれるカオスを楽しんで頂けたら嬉しいです。限られた話数の中でも作品の多⾯性を表現できるように、根津晴の感情を素直に演じたいなと思っています。お楽しみに!

<⼩川未祐(久我ユリ役)コメント>
監督の⼭元環さんや主演の望⽉歩さんをはじめ、駆け出しの頃からお世話になっている⽅々と共にこの作品に取り組めることにご縁を感じています。スタッフ・キャストの皆さんと共に、放漫で周りを振り回し続ける久我ユリと⼿を繋いで、この世界のなかを思いっきり駆け回ってみようと思います。今まで演じたことのない役柄なので、新たな⼀⾯をお⾒せできたらいいなと思っております。どうぞお楽しみに!

<河村花(⾅井都役)コメント>
登場⼈物達の苦しむ姿が、⾒ていて⾟い。どうか嘘であってくれと思う⼀⽅で、そこにはリアリティしかなくて、気づいたらワクワク読み進めている⾃分がいました。⼤学⽣の複雑に絡まった⼼と真っ直ぐにねじれた愛の形を是⾮⾒てほしいです。私は⾅井都を演じさせていただきます。⾅井都の主⼈公・根津晴を想う気持ちは本物で、⼀途に想い続ける姿に惹かれました。この作品で⾅井都を演じられる事がとても嬉しいです。これから始まる撮影で、不器⽤で狂った愛おしい登場⼈物達に会えるかと思うとドキドキします。

<監督・⼭元環コメント>
「なんでこの⼈こんなこと⾔うんだろう?」「なんでそんなことしたの?」男⼥の関係は当の本⼈達も理解し合えないことが多いと思います。好き、付き合う、といういわば⼝約束みたいなあやふやな線で繋がっている関係。感情が激しく揺れ動くその世界には多かれ少なかれ、必ず痛みが存在しています。今回のドラマはその痛みを込めてオリジナル脚本を執筆しました。⼤学⽣同⼠の“恋愛後遺傷”ドラマでございます。ハッキリとしない、⽩と⿊が混ざり合ってグレーになっている何だか分からない感情、そんな⼤⼈準備期間。今を⽣きる⼤⼈も若者も、どこかの誰かが今も過ごしている痛い⻘春をお楽しみください。

画像ギャラリー

PICK UP