中川大輔“土屋”、濵田崇裕“大門”の「音女ちゃん」呼びに動揺!?『パティスリーMON』

公開:
中川大輔“土屋”、濵田崇裕“大門”の「音女ちゃん」呼びに動揺!?『パティスリーMON』

畑芽育が主演を務めるドラマNEXT『パティスリーMON』(テレ東系、毎週水曜24:30~)の第5話が2月7日に放送される。

同ドラマは、漫画雑誌「YOU」に連載され人気を博した同名漫画の実写化で、フランス洋菓子店「パティスリーMON」を舞台に、“甘キュン”ストーリーが展開。運命的な恋愛を信じ続け21歳になってしまった山崎音女(畑)は、勤務していたスーパーが閉店になり無職になったところ、かつて憧れていた家庭教師の土屋幸平(中川大輔)から連絡をもらい、彼が勤める洋菓子店「パティスリーMON」で働くことに。そこにいたのは、オーナー・パティシエの大門勇(濱田崇裕WEST.)。土門は過去に働いていた女性従業員の印象から、音女にきつく当たるが、めげずに日々を過ごすなか、さまざまな感情が芽生えていく――。

前回の第4話では、店長の大門と音女の距離が縮まる展開に、SNS上では「大門の笑顔が増えてる」といったコメントが見られた。なお、現在TVerでは第1話~第4話、記者会見動画も配信中。

<第5話あらすじ>
カスタードの居残り練習を経て、急激に距離の縮まった山崎音女(畑)と大門勇(濱田)。突然の大門の“音女ちゃん”呼びに土屋幸平(中川)は動揺を隠せないでいた。

そんなある日、有名なスイーツ雑誌から取材依頼が来る。「MON」への異例の注目に盛り上がるスタッフたちだが、土屋は取材時に音女が見せた大門への親しげな表情が頭から離れない。

一方、店を辞めた片岡雪(山崎紘菜)から再び連絡をもらった音女は、雪から衝撃の告白をされ……。

画像ギャラリー