佐々木健介、妻の北斗晶から「言葉のマシンガンでズタズタにされた」出来事を明かす

公開:
佐々木健介、妻の北斗晶から「言葉のマシンガンでズタズタにされた」出来事を明かす
最新エピソードを無料視聴

1月30日に放送された『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系、毎週火曜20:54~)に、元プロレスラーの佐々木健介がゲスト出演。妻で同じく元女子プロレスラーの北斗晶から雷を落とされた過去を明かした。

19年1月に妻の北斗が同番組に出演。当時「マイケル・J・フォックスのサイン入りホバーボード」を鑑定依頼した。夫婦で米国サンフランシスコに行った際、健介が映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の小道具であるホバーボードのレプリカを購入。主役のマイケル・J・フォックスのサイン入りで、30万円の高値で買った。ところが、番組の鑑定結果は2万円で、サインは偽物だったことが発覚。怒り心頭だった当時の北斗を思いだした健介は、「言葉のマシンガンで、ズタズタにされました」と苦笑する。

今回は「力士6人の手形」を依頼に出す。朝青龍明徳白鵬翔千代大海龍二魁皇博之栃東大裕琴欧洲勝紀の手形とサイン、立行司で三十三代木村庄之助の「無」の一筆書きもしたためられている。健介は「人を介してなんですが、当時の千代大海関が僕のリングシューズを欲しいと言って、面識ないんですけどあげたら、この手形がお返しに」と入手経緯を説明。本人評価額は「100万円」。それに対する鑑定結果に「(北斗に)堂々と言えますね」と安堵した。

続いて、東京都から来た男性は「レッド・ツェッペリン メンバー4人のサイン入りレコード」を鑑定依頼に出す。71年に初来日した際、メンバーが宿泊しているホテルに、当時中学1年生だった父が行って、裏面のマネージャーのサインから始め、表面にジミー・ペイジジョン・ポール・ジョーンズジョン・ボーナムロバート・プラントのサインまで、全員コンプリートした。

本人評価額は「30万円」。それに対する鑑定結果に、男性は呆然。レッド・ツェッペリンのサインが近年高騰しているのがその理由だが、実は大きな減額ポイントが3つもあることを知らされる。

次回は2月6日に放送される。

PICK UP