東出昌大​がサウナでトーク…山小屋生活での連絡手段は“野良Wi-Fi”!?

公開: 更新:
東出昌大​がサウナでトーク…山小屋生活での連絡手段は“野良Wi-Fi”!?
最新エピソードを無料視聴

高橋茂雄サバンナ)がゲストと一緒にサウナに入って“ととのい”トークを繰り広げる『サバンナ高橋の、サウナの神さま』(TOKYO MX、隔週土曜17:55~)が、1月20日に放送。俳優の東出昌大​​がゲスト出演した。

俳優活動の傍ら、山小屋で猟師生活をしている東出。20代前半のときに、自分で肉をとるというのは、どういうことなのか、と思ったのが猟師に興味を持ったきっかけだという。師匠に猟場を紹介してもらい、1人で通いはじめ、土地の人とつながりができたと明かした。

猟をするときの必需品は鉄砲、ナイフ、ライター、初めて行く場所だと地図、コンパス……と紹介しつつ、痛み止めも持っていくとのこと。「最悪、足を折ったときに。痛さって萎えるので。足を引きずってでも帰らないといけないときは、飲んで降りるしかない」と述べた。

東京を離れるきっかけとしては、コロナ禍も大きいという。「東京で家賃払うのも高いし、向こうは生活費がかからないので、住んでみようと」と回顧。家賃と光熱費を合わせても2000円だという。

そんな彼との連絡手段は、iPadとガラケー。先日、ガラケーをなくしたそうで「iPad持っているからいいか、と思ったんですけど、『待てよ。僕と社会をつなげているのは、このiPadだけだ』と思って(不安になった)」と笑った。

ただし、キャリアと契約していないため、Wi-Fiがあるところでないとつながらない。東出が、近所にWi-Fiが飛んでいるところがある……と明かすと、高橋は「なんやそれ。そんな野良Wi-Fiないでしょ!」とツッコミを入れた。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、えなこオカダ・カズチカのゲスト回が配信中だ。

PICK UP