鈴木おさむ、地上波連ドラ最後の脚本で篠田麻里子を起用したわけは?

公開:
鈴木おさむ、地上波連ドラ最後の脚本で篠田麻里子を起用したわけは?
最新エピソードを無料視聴

1月20日にスタートした伊藤淳史主演の土曜ナイトドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)のスペシャル対談公開収録が都内で行われ、伊藤、小池徹平、本作の脚本を担当する鈴木おさむが出席した。

本作は漫画家・大竹玲二による人気漫画「離婚しない男」(講談社「ヤングマガジンKC」)をドラマ化。妻の不倫に気づかぬフリをしながらも、“父親の親権獲得率わずか1割”という困難な壁に立ち向かう男の姿を描くリコン・ブラックコメディ。鈴木は3月31日(日)をもって32年間活動してきた放送作家業と脚本業からの引退を発表しているが、本作が地上波連ドラ最後の脚本作品となる。

伊藤は妻・綾香の不倫を目撃したことで離婚を決意し、在宅ワークに切り替えるなど娘の親権を獲得するべく着々と準備を進める大手新聞社の元社会部エース記者・岡谷渉役。小池は秘められた過去を持ち、渉の妻・綾香と不倫を繰り返す芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサトを演じる。この日のイベントでは直前まで伏せられていたヒロイン・綾香役の女優が篠田麻里子であることも発表された。

鈴木は本作について「このオファーをいただく時、『どうせやめるならバズるドラマを一本作ってくれ』と言われたんです。それを意識して最後にすごいドラマを作りました」と自信たっぷりなコメント。「地上波で見たことがないドラマを作ろうというのがテーマ。今回ベッドシーンが多いんですが、異常な台詞がたくさん出てきます。絶対にトレンド1位を取ります。見てない人は『なんなんだこのトレンド1位は』と思うと思います」と笑顔で本作をアピールする。

伊藤と小池も本作のセンセーショナルな内容を驚きをもって受け止めたといい、伊藤は「反響が怖いというのもあります。濡れ場が多くて、小池くんはなんの迷いもなく当たり前のことのようにそれをやっていて、濡れ場の天才という感じがしましたもん」と撮影を感慨深げに振り返る。小池も「感覚がおかしくなります。これ地上波なのかなって」と苦笑いで同じく撮影を回顧する。

番組の見どころをランキング形式に提示してトークを行う一幕もあったが、1位はやはり篠田の起用が挙げられた。鈴木は「これを作るときに濡れ場が多いので、それをやってくれる人をっていうことで、僕の中でパンって降りてきたのが篠田さんだったんです。ガッツのあるシーンが多い中、調べたらヒロインと歳も近いなと思ったんです」と述べ、「お子さんもいるし受けてくれないだろうと思っていたら受けるって言ってくれたんです。これをきっかけに篠田麻里子が大ブレイクするというのが本当の目的です」と話す。

伊藤は「麻里子ちゃんの体を張った演技がすごくて。でも、お互いに年の近い子供がいるんです。そんなシーンを撮りながらも、現場では意外にもみんなで話をしたり、和気藹々と盛り上がって楽しかったです」と篠田との現場エピソードを紹介。会場では篠田から鈴木へのサプライズの手紙も読み上げられ、篠田は手紙の中でヒロインを誰にするかで鈴木が篠田の名を挙げたことについて「すごく嬉しかったのを昨日のことのように覚えています」と回顧。

篠田は「いろいろな不安や葛藤もありましたが、脚本を読ませていただくと原作ワールドを掴みながら、おさむさんワールド全開の内容で、作品の世界観に引き込まれました。ぜひチャレンジしたいと思いました」とオファーを受けた心境も紹介。綾香に共感できる部分がたくさんあったと述べ、「とことん振り切ることを意識して演じさせてもらいました。今まで以上に役者として成長できた作品になったと思います。いろいろな意味で体当たりのお芝居でしたが、今は撮影を終え、オンエアがすごく楽しみです。おさむさんの地上波連ドラ最後の作品で綾香を演じさせてもらえたのは一生の思い出。やりきったと思える作品に出会わせていただき、改めてありがとうございました」と手紙を締めくくり、鈴木を感激させていた。

画像ギャラリー

PICK UP